• 2015/09/30
  • PR

独自の事業を推進する戸田市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Todashi01

戸田市では、オリジナリティあふれる様々な事業に取り組んでおり、市民がより生活しやすい街づくりに力を入れています。そんな戸田市の特徴ある取り組みを始め、市の概要や人気のスポットなどをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

戸田市は、埼玉県の南部に位置しており、川口市や蕨市、さいたま市、朝霞市、和光市と隣接しています。市内には、荒川や菖蒲川をはじめ、6つの川と1つの排水路が流れています。市域のほとんどが市街地になっており、住宅やマンション、商店が立ち並んでいます。また、10階建てを越える高層マンションが85棟近くあり、戸田公園駅周辺を中心に立ち並んでいます。JR埼京線北戸田駅から徒歩約10分の場所には、イオンモール北戸田があり、休日には数多くの家族連れで賑わっています。南浦和駅や戸田公園駅と結ぶバスが運行しています。東京特別区と隣接している関係で、配本センターや流通センター、新聞社の印刷所など、倉庫、運搬、印刷関係の会社が数多く所在しています。市内には、埼京線が南東に走っており、笹目からは、板橋区内にある三田線西高島平駅を利用することもできます。鉄道駅は戸田公園駅を中心に3つあり、北戸田駅と戸田駅、戸田公園駅の3つです。さらに、東部には国道17号が、西武には新大宮バイパスが縦断しており、国分には国道298号が横断しています。東京都の板橋区へは、国道17号を、和光市へは国道298号を使ってアクセスすることが可能です。また、東京外環自動車道の戸田西ICや、美女木JCT、戸田東IC、首都高速道路の5号池袋線、埼玉大宮線などが走っており、県外へのアクセスにも便利です。戸田市では、カヌー体験教室やボート教室、少年少女スキー教室などスポーツのイベントや大会が開催されており、健康の増進や、市民同士の交流のきっかけにもなっています。市内のみで使用可能なエコマネーや、市のテレビ広報番組、ファミリーサポートセンターなど、特色ある取り組みで、住みやすい街づくりを行っています。また、戸田ふるさと祭りや上戸田商店会イベント、戸田市商工祭など、季節のイベントも複数行われています。特に戸田橋花火大会は、市外からの見物客も多く訪れる、50年以上もの歴史を誇る人気イベントです。

ボート競技の聖地、戸田ボートコース

戸田市を代表する景観として忘れてはならないのが、戸田ボートコースです。長さ約2400m、幅約90mの日本唯一の静水コースです。ボート選手の憧れの場所であり、ボート競技界では聖地として知られています。東京オリンピックでボート競技の会場として使われ、現在もアジア選手権大会や全日本選手権大会といった規模の大きい大会や、市民が参加する大会まで幅広く競技会が開催されています。企業や大学の艇庫がいくつも立ち並び、多くの社会人や学生が練習に汗を流す姿が見られます。周辺は公園として整備され、地域住民が憩いの場として使っています。また、その美しい景色はドラマやCMにも使用されています。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事