• 2015/09/01
  • PR

独自の特色あふれるベッドタウン柏市の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kashiwashi01

柏市は千葉県の東葛地域と呼ばれる北西部に位置する中核都市です。東京23区への通勤率は約3割、都心で昼間を過ごす人のベッドタウンとしても機能する柏市の魅力溢れる特徴についてご紹介していきたいと思います。

柏市は県北西部の東葛地域に位置しており、中核市、また業務核都市に指定されています。距離は東西に約18km、南北には約15kmで、面積約114km²となっています。
東が我孫子市と印西市、そして利根川を挟み茨城県との県境となっており茨城県取手市、守谷市、南は千葉県鎌ヶ谷市、白井市、西には千葉県の松戸市、流山市、北に野田市とそれぞれ隣接しています。
地理地勢としては、市内はおおむね平坦で、下総台地の広い台地を中心として市街地、あるいは里山が形成されている形です。
台地に入り込むように流れる大堀川や大津川などの川沿い、手賀沼や利根川沿いの低地では干拓事業や治水事業なども進められており、まとまった農地が広がっています。
海抜が最も低い地点となる手賀沼周辺低地では約5m、最高地点は市の南端で約32m程度とそこまで高低差は大きくありません。
人口は約41万人前後(2015年時点)で、千葉県内では市川市に次ぐ第5位となっています。
東京都特別区部(23区内)への通勤率は約3割で、都心で昼間を過ごす人の居住地、ベッドタウンとしての役割も大きいのが現状です。
中央には東武野田線(東武アーバンパークライン)やJR常磐線、国道6号や16号が交差するなど交通の要衝となっていて、一方で北部にはつくばエクスプレスが通っており、大学や研究所、産学連携施設などが設置された文教地区としての顔も持っています。
柏市の中心地となっているのはこの北部エリアになります。
鉄道交通網は、都心から放射状に伸びるJR常磐線、東京メトロ千代田線、つくばエクスプレスが走り、南北を東武野田線が通ります。
ちなみに柏駅周辺にはストリートミュージシャンが多く見られ、連日多くの若者が集まり若者層をターゲットとしたショップも比較的多くなっています。
そのため「東の渋谷」、あるいは「プチ渋谷」と言われることもあるくらいで、柏駅東口側の柏神社や柏郵便局の付近は個人商店も多く、裏原宿の様になっていることから「裏かしわ(裏カシ)」などと呼ばれることもあるようです。

関東三弁天のひとつを抱える

このように都心のベッドタウン都市としての機能を果たしながらも、独自の特色も濃い柏市には、歴史的な名所も多く残っています。寛永寺弁天堂(上野不忍池の弁天堂)と江島神社(藤沢市江ノ島)とともに「関東三弁天」のひとつである東海寺は、千葉県柏市布施にある真言宗の寺院で、地名から布施弁天と称されることもあります。また、国の重要文化財にも認定されている旧吉田家住宅や、民間信仰という点でも興味深く遺されている千葉県指定文化財となっている藤ヶ谷十三塚も見られます。自然溢れる郊外型都市である柏市には暮らしに便利な魅力がたくさん存在していると言えるでしょう。

任意

千葉県で住みやすい街はどこ?家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事