• 2015/09/01
  • PR

郊外型住宅都市・流山市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nagareyamashi01

流山(ながれやま)市は、千葉県北西部に位置する、人口約17万人の都市です。現在は郊外型の住宅として発展してきており、流山おおたかの森ショッピングセンターなど大型商業施設も建設されるなど目覚ましい開発で人口も増えてきました。そんな流山市の魅力溢れる特徴をご紹介していきたいと思います。

流山(ながれやまし)市は、千葉県北西部の東葛地域に位置する都市です。人口約17万人で、千葉県内では八千代市に次いで8位です。現在は住宅都市となっていますが、昔は江戸川や利根運河を利用した水運で栄えていて、一時期は葛飾県庁が置かれていました。
50年代以降は江戸川台や松ケ丘を中心に住宅開発が行われはじめ、市内各所が住宅街となりました。
70年代までに流鉄流山線や東武野田線(通称東武アーバンパークライン)、JR武蔵野線が市内に通りましたが、それぞれが市内で接続しなかったのもあり、地域ごとの繋がりが薄い市となっていました。
しかし、2005年つくばエクスプレス開通によってそれらの地域が結ばれ、現在は流山おおたかの森駅を新拠点として整備しています。
また、「都心から一番近い森の街」を目指して再開発が行われています。
流山市の位置は千葉県の北西部、関東平野の中心です。
東葛飾地域と呼ばれるエリアに属し、旧東葛飾郡の中部に当たります。
東京都心から約25kmで、市の西境を江戸川が南北に流れ、江戸川の対岸は埼玉県になります。
また、市の北部には利根運河も流れていて、水の多い地域でもあります。
面積は県内では5番目に小さい市となっており、南北に長く、江戸川沿い及び市の南部は平坦な低地で、市の中部や北部は下総台地と呼ばれる場所の一部を構成して緩やかな台地となっており、ほぼ全域が住宅街または農地などとして活用されています。
市内の人口推移としては、つくばエクスプレスの開通後に市外からの転入者が相次いで、開業4年半後には人口が約1万人増加し、2009年時点の年齢別人口では、35~39歳が1.4万人となり長年最多だった団塊世代(60~64歳)の1.2万人を抜いています。
流山市は人口規模の割に大型商業施設は少なく、長らくイトーヨーカドー流山店が市内唯一の大型商業施設でありましたが、つくばエクスプレス開業後の2006年には流山おおたかの森駅前に「流山おおたかの森 S・C」が開店し、市内の商業的な役割を果たすなど人気があります。

新しさの中にも歴史的名所の残る都市

このように、住宅都市として発達してきた住み心地の良さや利便性など、住む人にとって快適さの高い流山市には、古墳や遺跡などの歴史的名所も多く残っています。駒木のお諏訪さまと呼ばれる諏訪神社や、千葉県流山市流山広小路交叉点近くに位置する土蔵造りが美しい商家、呉服新川屋店舗などがあります。新川屋は幕末に創業しており、現存する店舗建物は明治23年に建てられたもので、2004年に国の登録有形文化財に登録されています。都心へのアクセスも良い流山市であれば、郊外型生活を実現させるにはぴったりではないでしょうか。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事