• 2015/09/01
  • PR

だれもが憧れる「東京都中央区」の暮らしとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Chuoku01

「東京都中央区」と言えば、銀座・日本橋といった全国でも有名な街を含む大都市です。オシャレなショッピングやデートスポットのみならず、オフィスやマンションも立ち並んでいます。「東京都中央区」は、住まいとレジャーの両方を含む、快適な都市生活が実現可能なエリアですので、具体的な例を含めてご紹介していきましょう。

「東京都中央区」は、人口約14万人を抱える東京の中心都市で、区内は主に3つの地域「京橋」「日本橋」「月島」に分類されます。
京橋地域には、ショッピングエリアや各種店舗、オフィスも多く、居住者が多いエリア「銀座」「築地」「新川」を含んでいます。主な交通網として、銀座の中央通りと並行に、地下鉄・東京メトロ銀座線が通っており、東京メトロ日比谷線・丸ノ内線や都営浅草線ともつながっています。京橋地域全体としては、約35000人が居住しており、大通りを1本入ると、昔ながらのお屋敷や老舗料理店があったり、新築や築浅のマンションが林立するなど、新旧が調和した趣深いエリアです。賃貸マンションの家賃相場としては、1Kクラスであれば、13~15万円程度で居住することが可能です。
「新川」にも、東京駅から徒歩15分程度の新築マンション、超高層免震タワーレジデンスが2017年10月完成予定で建設されており、注目されています。「築地」周辺には、中央区役所本庁舎や中央区立図書館(京橋図書館)、聖路加国際病院、築地警察署、小学校、小児総合医療センターなど、区民生活に必要な医療・公共サービス関連の施設が集中しています。
また、区民全体の利便性向上のために、日本橋と月島エリアにおいても、区役所の特別出張所と中央区立図書館(日本橋図書館・京橋図書館)が整備されており、各地域における配慮も行き届いています。
日本橋地域には、「浜町」「東日本橋」「蛎殻町」「箱崎町」「人形町」に居住されている方が多く、地域全体の人口は約44000人となっています。浜町には、「中央区立総合スポーツセンター」があり、温水プール・武道場・弓道場・卓球場・ゴルフ練習場・ランニングコース・トレーニングルームなどの設備が整っています。
夏には、「浜町公園」において、2日間にわたり、盛大に「中央区大江戸まつり盆おどり大会」が行われます。
月島地域のうち、「勝どき」の居住人口が約12000人と最も多く、次いで「佃」と「月島」は、それぞれ約7000人の人口を抱えています。月島地域全体の人口は、約63000人となり、中央区の中でも、最も多くの人が住まいを構えている地域です。
中央区のイベントとして、毎年8月になると、晴海エリアを中心に、「東京湾大華火祭」が開催され、大勢の人でにぎわいます。

ファミリーにも優しい「東京都中央区」!

東京都中央区の海側のエリアを中心として、ファミリー向けの間取りや分譲タイプの高層マンションも増えてきています。「勝どき」には、「子ども家庭支援センター」や、児童館内に「子育て交流サロン」があり、幼いお子様がおられるご家庭のお父様・お母様をサポートするための、カウンセリング・セミナーや各種イベントが開催されています。また、2歳から小学校6年生までのお子様がいる場合、仕事などで帰宅が夜間になってしまっても、有料で一時的にお子様を預けられる「トワイライトステイ」のサービスも提供し、若い世代の子育てを支援しています。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事