• 2015/09/01
  • PR

文化と商業が集結する大都会、新宿区の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Shinjukuku01

新宿区は、鉄道各路線のターミナルである新宿駅を中心に日本有数の繁華街がひろがり、東京都庁や防衛省などの官公庁も集中している地域です。早稲田大学をはじめとする大学・学校も多く、東京医科大学病院などの大病院も集積しています。高層ビルが建ち並ぶ大都会の風景と緑豊かな住宅地の風景を併せ持つ新宿区は、「東京」を象徴する街として発展を続けています。

新宿区は甲州街道沿いの宿場町として古くから商業が栄えてきましたが、1991年に東京都庁が千代田区丸の内から移転してきたことを境に、防衛省、総務省、厚生労働省など、官公庁が集まる東京の象徴エリアとして成長を遂げました。新宿駅は鉄道各路線のターミナルとしても機能していることから、通勤通学の際の交通アクセスの利便性も高くなっています。新宿区の居住者は約30万人ですが、通勤・通学客を含めた昼間人口は約77万人です。新宿区には早稲田大学、工学院大学、学習院女子大学などの大学のキャンパスも多数位置しており、また、慶応義塾大学病院や東京医科大学病院、JCHO東京新宿メディカルセンターなどの大規模な病院も集まっていることから、人々の往来が非常に激しいエリアともいえます。
新宿区といえば「大都会」という言葉がよく使われ、新宿駅周辺の大繁華街や超高層ビル群は世界でも有数の規模になっています。JR新宿駅東口を出れば日本一有名な街頭ビジョンともいわれる「スタジオ・アルタ」がそびえ立ち、三越、伊勢丹などの百貨店、新宿通り、明治通り、歌舞伎町と、人々の活気が途切れることはありません。
繁華街が賑わいを見せる一方で、新宿駅の南側の地域には明治神宮外苑や新宿御苑などがあり、広大な敷地の中で豊かな緑を楽しむこともできます。また、北部には閑静な住宅街が広がり、神楽坂周辺では昔懐かしい町の風景が今も残っています。
都内で最も外国人登録者が多い新宿区では、外国人の中でも韓国人や中国人が多く居住してることでも有名です。大久保駅周辺には日本最大級のコリアンタウンがあり、外国人コミュニティが確立されています。大久保のコリアンタウンは本場韓国の味やアジア料理が楽しめるエリアとして、新宿区の人気の観光地です。また、歌舞伎町にある「新宿ゴールデン街」は、観光で日本を訪れた外国人に人気のエリアとなっています。戦後の闇市から発展してできたディープな新宿の街並みを彷彿させるとして、「新宿ゴールデン街」は日本の若者やアーティストからも支持されています。

賑わいと安らぎを共存させる街

新宿区は多くの人々が集まる都心であり、常に賑わいを絶やさないエリアとしても知られています。新宿区の基本構想は「やすらぎとにぎわいのある街を目指して」です。活気ある繁華街の中でも、そこに暮らしている住民が安らぎを感じられるように、「働き」「学び」「活動」に重点を置いたまちづくりが進められています。東京の象徴とされる新宿区には多種多様な人々が集いますが、そうした人々のエネルギーを集結させて発展しながらも、子供たちの未来のために、治安の良い安心できる環境にも配慮がされています。安全で質の高い暮らしを実感できる街を目指して、新宿区は発展を続けています。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事