• 2015/09/01
  • PR

「墨田区」でマイホーム探しはいかが?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Sumidaku01

東京スカイツリーや大相撲に代表される「墨田区」に住んでみませんか?区内には、JR総武線、京成押上線、東京メトロ半蔵門線、都営浅草線、東武伊勢崎線といった各路線が充実しており、通勤通学に大変便利なエリアです。下町情緒あふれる「墨田区」の魅力をまとめてご紹介していきます。

墨田区は、東京都の東部に位置し、面積は13.75km²を占めています。地形的な特徴としては、海面からの高さが最高で4m、最低でマイナス1.2mの比較的平坦な低地となっていて、墨田区一帯は「江東デルタ地帯」と呼ばれるエリアの一部を構成しています。地質としては、砂と粘土混合の沖積層だと言われています。

墨田区内の人口は、総計260,524人、総世帯数は140,941世帯(2015年7月1日時点、墨田区公表)となっています。

墨田区の主な観光名所としては、「東京スカイツリー」「東京ソラマチ(スカイツリータウン)」「江戸東京博物館」「すみだ水族館」などが挙げられます。
また、墨田区は大相撲発祥の地としても有名で、両国駅からすぐのところにある「両国国技館」には、全国からたくさんの観客が訪れます。国技館の1階には、「相撲博物館」もあり、様々な相撲の歴史に関する資料を鑑賞することができます。

JR錦糸町駅または東京メトロ半蔵門線錦糸町駅の近くには、桜の名所としても有名な、区内最大規模を誇る「錦糸公園」があり、憩いの場となっています。広い公園内には、噴水や遊具のほか、地上5階建ての「墨田区総合体育館」があり、子どもから高齢の皆様まで気軽にスポーツを楽しめる施設が充実しており、各種スクールも実施されています。
屋内プールや武道場・トレーニング室等も完備しており、区民が自由に利用できるほか、バスケットボールやバレーボールなど国内試合の会場となることもあり、観覧席にて試合を楽しむこともできるようになっています。

墨田区内における賃貸マンションやアパートは、5000件以上と豊富にあります。月々の賃料に関しては、1R~1LDKの場合には平均8.4万円、2K~2LDKの場合には平均10.0万円、3K~3LDKの場合には平均13.8万円、4K以上の場合には平均15.9万円が目安となっています。

新築一戸建ての物件に関しては、「墨田区立花」や「墨田区墨田」「墨田区八広」などのエリアを中心として、区内に点在していますので、通勤や通学に便利な駅を中心に物件探しを始めるのもひとつです。中古物件に関しても、東京スカイツリーが臨める物件が3000万円台から出ています。お気に入りの景色と快適な生活空間を兼ね備えたマイホーム探しを、今から始めてみませんか?

図書館も充実している墨田区!

墨田区の図書館としては、「ひきふね図書館」「緑図書館」「八広図書館」「立花図書館」の4カ所のほか、コミュニティ会館(東駒形、梅若橋、横川)や「すみだ女性センター」も利用されています。中でも平成25年4月1日に新たに開館した「ひきふね図書館」は、蔵書が約31万5千冊、面積が約3,400m²と、区内最大規模の図書館となっており、子ども向けの図書室も設置しています。外国の図書、ビジネス書籍、文学図書、録音図書もおかれている点も特徴です。コミュニティ会館は、図書室に加え、児童室・学童クラブや地域の集会所としての機能をあわせもつ施設となっており、乳幼児から高齢の方まで利用できます。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事