• 2015/09/01
  • PR

近代的な高層ビル群と元気な商店街の街、品川区の魅力

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Shinagawaku01

古くから交通の要所であった品川区は、今日も品川駅への新幹線停車、リニア中央新幹線のプロジェクト進行中など、交通と産業の拠点となっています。品川、大崎、大井、荏原、八潮の5地区に大きく分けられる品川区の各地区の特徴と魅力をご紹介していきます。

東京都23区の西部に位置する品川区は、東京湾に面した臨海部と台地からなる人口約38万人の地域です。歴史的に有名な史跡も数多くあり、その一つに考古学発祥の地として知られている大森貝塚があります。江戸時代には東海道第一の宿として栄え、明治時代以降、工業地帯として発展してきました。今日では、品川駅への新幹線停車、リニア中央新幹線のプロジェクトなど、交通と産業の重要な拠点となっています。品川区は大きく5地区に分けられ、地区ごとに特徴があります。「住んでみたい街」「出かけてみたくなる街」など、それぞれの地区に特徴と魅力があります。
品川地区では品川駅周辺と臨海部を中心とする商業地における先進性の魅力があり、一方で旧東海道品川宿の町並みには歴史と伝統が息づいています。東京の玄関口として風情ある地区であると共に、オフィスビルが建ち並ぶ品川シーサイドフォレストや天王洲アイルなどは品川に新しい景観を創り出しています。
大崎地区は、新宿、渋谷、臨海副都心へのアクセスが良く、職住に加え遊学の拠点となっています。高層ビルが建ち並ぶ中で、池田山公園や桜並木で有名な目黒川では四季の彩りも楽しめます。ゲートシティ大崎などの高層ビル群があり、五反田方面には池田山や島津山の閑静な住宅地が広がっています。
大井地区の中心駅である大井町駅は区役所の最寄り駅であり、駅周辺は商業施設や文化施設などが建ち並んでいます。人気のレジャースポットである「しながわ水族館」や「しながわ区民公園」には区内外からも多くの人が訪れます。
荏原地区は、活気ある商店街として知られている戸越銀座や武蔵小山が街の賑わいを支えています。また緑豊かな林試の森公園や戸越公園は、憩いの場として住民に利用されています。
八潮地区にある大規模団地「八潮パークタウン」は、団地内に保育園や学校、図書館などがある住み心地の良い地区です。周辺には大井ふ頭中央海浜公園をはじめ、京浜運河緑道公園、東八潮の潮風公園などがあります。臨海部には大井ふ頭があり、国際物流の一大拠点となっています。

国際交流拠点品川を目指して

近代的なオフィス街、歴史や伝統が息づく町並み、また活気ある商店街など、さまざまな街の表情がある品川区。これら地域の特色を生かし、今後品川区は品川駅南の玄関口に拠点性と賑わいのある街、歴史と伝統のある地域と近代的なエリアが融合した街の実現を目指しています。東京都では、2014年7月に品川駅・田町駅周辺のまちづくりガイドラインを発表しました。その中で、品川は今後の日本の成長を牽引していく国際交流拠点として位置付けられています。国内外からのビジネスパーソンが集まる活力あるビジネスの街、世界の人々が交わる街としての期待が高まっています。2027年開業予定のリニア中央新幹線のプロジェクトもスタートし、交通の重要な拠点としてもさらに注目されているエリアです。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事