• 2015/09/01
  • PR

武蔵野台地の東南、起伏ある地形が特徴。商業地と住宅地が多い目黒区の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Meguroku01

目黒区は東京都23区南西部に位置し、土地は主に住宅地及び商業地として使われています。都心と横浜を一本で結ぶ東急東横線が区内を走り、中目黒や自由が丘など沿線は、「住みたい街・遊びに行きたい街」として根強い人気があります。大小さまざまな公園や体育施設、美術館やホールと言った文化施設も揃っている、住むにも仕事をするにも環境のよいエリアです。

目黒区の区域は23区の中では比較的小さく、南北の長い土地は武蔵野台地の東南側にあたります。区内は目黒川や呑川など水資源に恵まれ、このことで谷ができ上がっています。台地と谷という起伏に富んだ土地、坂の多さが目黒区の地形の特徴です。周囲は渋谷、世田谷、品川、大田の各区に接しています。港区は三田が非常に近いですが接してはいません。

商業地・住宅地として発展している目黒区には、コミュニティに不可欠な公園や体育施設、図書館やホール、美術館などの文化施設などもいろいろと揃っています。また、歴史的背景もあり、由緒ある神社や寺が多いのも目黒区の特徴です。

公共サービスでは、目黒区には区役所の他に、地区サービス事務所、住区サービスセンターという行政サービス拠点があります。4カ所ある地区サービス事務所では、住民票の手続きなどの行政サービスを提供し、22の住区サービスセンターは、主に地域活動の拠点として使用されています。また、教育機関では、東京大学駒場キャンパス、東京工業大学大倉山キャンパス、産業能率大学代官山キャンパスの三大学の他、多くの学校があります。

目黒区の交通に関しては、道路は玉川通りや駒沢通り、目黒通り、環七、首都高3号渋谷線など幹線道路が多く通っていて、車での移動には便利なエリアです。鉄道は東急東横線・大井町線・目黒線・田園都市線と京王・井の頭線、それに東京メトロ・日比谷線が乗り入れています。JR・目黒駅は住所が品川区ですが、目黒区に接しています。都内各所への利便性は良く、横浜へは乗り換えなしで行けますし、その他の神奈川県方面にも比較的楽に出かけられます。なお、区内各所など目的地によっては幹線道路を走るバスの利用が便利です。

また、目黒区には、バングラデシュやエジプト、ケニア、ポーランド、キューバなどの各国の大使館、アイスランド共和国名誉総領事館があります。さらに、紀伊国屋書店や亀谷万年堂、アマゾンジャパン、ウォルト・ディズニー・ジャパン、田辺エージェンシー、ホリプロなど多くの有名企業の本社も置かれています。

べたですが、目黒はやはり、桜・さくら・サクラ

賑やかな都会の繁華街と、落ち着く住環境に包まれた静かな場所が混在する目黒区には、多くの商業施設、有名レストランや飲食店などもあります。人気スポット・イベントなどもまだまだあります。しかし、最後にはなりましたが、どうしても外せないのが、目黒川のさくらです。電車に乗って通り過ぎるだけでも息がとまるほどの美しさですが、川沿いをゆっくりと歩きながらのお花見もいいものです。中目黒駅周辺は混雑しますが、3.8kmに渡って目黒川の桜街道は続いていますので、上流や下流へも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。また、駒場公園や西郷山公園、自由が丘から続く九品仏川緑道など、目黒区の桜の名所はまだまだあります。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事