• 2015/09/01
  • PR

様々な楽しみ方ができる「大田区」の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Otaku01

羽田空港に代表される「大田区」は、古き良き日本を感じられるエリアと、近代的な文化にあふれたエリアを共に体験することができる興味深い街です。史跡にも恵まれており、様々な知的興味を満たしてくれる街でもあります。「大田区」の特徴をもっと知ることで、あなたにぴったりのエリアを見つけてみませんか?

大田区は、東京都の中でも東南部に該当するエリアで、区全体の面積が60.66km²で、東京23区内で最大の広さを誇ります。
大田区内の人口は、2015年7月1日付の公表データによると、711,626人、総世帯数は、374,216世帯となっています。
大田区の地形は、西北部が丘陵地帯、東南部が低地となっており、西北部の海抜は最高で約42mを示しています。
東南部の低地の海抜は、最も高い土地で約5m、最も低い土地で1mほどとなっています。高級住宅街として有名な「田園調布」は、ちょうど大田区の西北部の丘陵地帯に属しています。また、大田区の東部には、羽田空港が広がり、日本の優れた技術を生かした各種部品関連の町工場が多い「蒲田」は、大田区の中心部からやや東南よりに位置しています。
大田区は、「大森貝塚」、「多摩川台古墳群」などの遺跡や、「池上本門寺五重塔」など、歴史的建造物が現存されているエリアとしても注目されています。大田区の賃貸マンションやアパート物件は、12,000件以上もあり、月額賃料についても物件やエリアによって様々です。例えば、間取りが1R~1LDKの物件に関しては、月々平均8.1万円、2K~2LDKの物件に関しては、月々平均10.9万円、3K~3LDKの物件に関しては、月々平均17.0万円、4K以上の物件に関しては、平均37.5万円となっています。
新築一戸建ての物件に関しても、物件数は400件以上あり、京急本線・京急空港線・東急東横線・東急目黒線・東急池上線・都営浅草線・JR京浜東北線・東急多摩川線といった各路線の駅を中心として、希望に応じて選ぶことができます。予算はだいたい、3000万円台もしくは4000万円台から可能です。
東急東横線「田園調布」駅から徒歩10分から15分ほどの高級住宅街に、デザイナーズハウスなど、オシャレな一戸建てを希望される場合には、予算は7000万円台からとなっています。

中古マンションや一戸建てについても、物件は豊富に提供されており、マンションであれば700件以上、一戸建てであれば200件以上あります。販売価格は3000万円前後からとなっています。

職人文化を感じられる大田区のイベント!

大田区の大勢の職人さんの素晴らしい技を、実際に体験できるイベントが、「おおたオープンファクトリー」です。東急多摩川線の下丸子駅と武蔵新田駅周辺を中心として、地元の工業会と大田観光協会・首都大学等各大学のみなさんが共同で企画している体験イベントとなっています。毎回、様々な趣向をこらした町の工場見学ツアーが準備されていて、日本の製造業を支える町の職人さんから、それぞれ直接お話が伺えたり、製品自体を直接見たり触れたりすることができます。親子での参加も可能となっていますが、事前予約が必要ですので、「おおたオープンファクトリー」のホームページを確認されることをおすすめします。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事