• 2015/09/01
  • PR

多彩な文化が交錯する流行の発信地

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Shibuyaku01

渋谷区は、ファッションビルや商業施設が立ち並び、若者向けの流行発信地として国内外から注目をされているエリアです。周辺には繁華街やオフィス街がひろがりますが、一方で広大な緑地も有しており、幅広い世代の人々から支持される活気のある街となっています。

渋谷区は東京都の中でも城西地区に位置しており、渋谷駅を中心としたエリアは東京都が策定した副都心7カ所の一つになっています。居住者の人口は約20万人であるのに比べ、昼間人口は倍以上の約55万人です。国内外からの観光客だけではなく、通勤・通学者も多く集まることから、交通アクセスの良さや利便性の高さも渋谷区の魅力となっています。
商業が主要な産業となっている渋谷区には、若者向けの流行発信地である原宿、落ち着いた雰囲気のカフェや個性的なショップが集まる恵比寿、自然豊かな住宅街の広尾、レトロな住宅やお洒落な路面店が集積する代官山など、多種多様な文化を持つ街が交錯したエリアとして人気を集めています。
道玄坂スクランブル交差点に立地している「渋谷109」や、レストラン、集合住宅、オフィスビル、美術館などで構成された「恵比寿ガーデンプレイス」、同潤会青山アパートの再開発プロジェクトとして開業した「表参道ヒルズ」など、メディアでも頻繁に取り上げられている複合型商業施設には、ショッピングだけではなく観光として訪れる客も多くなっています。また、渋谷駅前にある「忠犬ハチ公像」は渋谷のシンボルとして有名で、待ち合わせ場所の定番として周辺はいつも賑わっています。
商業が発展を遂げる一方で、渋谷区には都心でありながら自然豊かな緑地を楽しめるスポットが多くあります。東京ドーム約11個分の敷地面積がある「代々木公園」には、若者や家族連れに人気のある噴水広場があるほか、レンタル自転車が利用できるサイクリングコースや犬種によってエリアが分けられたドッグラン、園内の野鳥が観察できるバードサンクチュアリなど、小さな子供からお年寄りまで、多くの人々が楽しめるように設計がされています。また、代々木公園に隣接した「明治神宮」は約70万平方メートルの面積があり、緑豊かな敷地内には都心では珍しい動物や昆虫が生息していることでも有名です。お正月の初詣では、日本一参拝客を集める神社としても知られており、年間を通して多くの人々に愛されています。

みんなが安心して暮らせる町を目指して

都心でありながら、歴史や文化、豊かな自然を感じるスポットが点在している渋谷区。2015年4月には全国で初めて性的マイノリティの人々のための「同性パートナー条例」が成立したことでも話題になりました。さまざまな人が行き交う賑やかな町であるからこそ、全ての区民が安心して健やかに暮らせる町を作ることが渋谷区の目標とされています。また、子育て支援にも力を入れており、待機児童の解消やコミュニティスクールの拡充、土曜・放課後クラブの運営強化を2017年までに実現させる計画が進んでいます。災害に備えた都市基盤を強化しながらも、流行の発信地として更なる発展が期待されています。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事