• 2015/09/01
  • PR

利便性、文化性、居住性を兼ね備える中野区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nakanoku01

中野区は、東京都下の特別区に指定される23区のひとつで、都内西部に位置しています。新宿や渋谷、池袋などの大繁華街と隣接しながら、武蔵野市や三鷹市などの東京都下にあたる住宅エリアとのアクセスも良く世代を問わず人気があります。また、演劇などのカルチャー発信地としても有名で、さまざまな業界人や文化人の活動の中心地としても役割を担っています。こちらでは、中野区の魅力を含めた特徴的なスポットをご紹介していきたいと思います。

中野区は東京都内特別区に認定された、23区の西部に位置する区です。
区内には、東西に鉄道が複数通っており、また渋谷区・新宿区・豊島区など大繁華街とも隣接していることもあり、鉄道以外にバスも頻繁に通っているなど利便性も良いです。
区内は主に戸建住宅や集合住宅が密集して広がる住宅地となっています。
低層建築物がほとんどですが、環状7号線や山手通り、青梅街道など主要道路に面した場所には高層マンションが多くなってきました。
住宅の中でも賃貸住宅の比率が高く、隣家との間隔が1m未満と密接している状態も珍しくありません。
緊急車両の進入が困難なほどの狭い道路が網の目のように広がっていますが、近年になって道路拡張などで災害時等への対策も取られ始めています。ただ中野通りは区内を南北に貫く骨格となる道路であるものの、幅員が15m程度となっており片側1車線の区間もまだまだ多く、たとえ4車線(片側2車線)であっても、車線の幅が狭いほか駐停車の車両が多いため渋滞も多いのが現状で、道路と地上の複数の鉄道線路と交差しており開かずの踏切問題も存在しています。
家賃が安く交通が便利なため、区全体としては20~30歳代の若年層の居住が多く、18歳未満の子供が少ないですが、小学校から高等学校、大学まで教育機関は充実しており、治安は良いので安心して暮らすことができるでしょう。
中野駅周辺には中野ブロードウェイをはじめとする大型商業施設や中野サンモール商店街などが立地しており、各所に個人経営が中心の商店街もいくつか存在します。
文化的に見ると、年代別人口構成が高齢者と若者の出入りが多く、来るもの拒まず・去るもの追わずという雰囲気があり、沖縄出身者やアイヌ民族の文化が融合した祭や、コスプレやアニメ文化などのサブカルを活かした街のイベント、ミャンマー人のコミュニティ、ゲイ・タウンなど、多様性にあふれたダイバーシティと化しています。

緑溢れる公園と利便性を兼ね備えた場所

このように、都心に近い住宅エリアとしても、コアな文化が混在するエリアとしても機能を果たし、魅力がたくさんある中野区には自然溢れる場所も存在しています。新井薬師前駅の近くには、東京都指定名勝のひとつである哲学堂公園や、桜の時期はお花見で賑わう新井薬師公園 、国登録有形文化財の野方配水塔があるみずのとう公園 、平和の森公園、江古田の森公園などがあり、密集する宅地の中のオアシス的な役割をしてます。治安も良く、住み心地も快適で、都心へのアクセスが抜群の中野区は、一度住んだらやみつきになる魅力が満載だと言えるでしょう。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事