• 2015/09/01
  • PR

居住地として発展してきた都心と都下を結ぶ杉並区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Suginamiku01

杉並区は、東京都下の特別区に指定される23区のひとつで、都内西部に分類されています。都心と武蔵野市や三鷹市など東京都下の中間に位置しており、住宅地が比較的多く、鉄道の駅前には昔ながらの商店街が多く残された情緒ある街並みもあります。交通の利便性も良く、若い世代を中心に居住地として人気がある杉並区の魅力を含めた特徴的なスポットをご紹介していきたいと思います。

杉並区は東京都内特別区に認定されており、城西地区と呼ばれる23区の西部に位置しています。
面積はそれほど広くありませんが、自然ゆたかな閑静な住宅街として発展してきました。
地形は武蔵野台地上ということもあり、全体的になだらかな高台地域になっています。
特に高台に沿って古来より甲州街道、青梅街道が南北の区境付近に各社鉄道が多く乗り入れていて、それぞれの駅前には商店街や商業施設も立地しており、高円寺駅前の高円寺純情商店街、夏の阿佐ヶ谷七夕まつりの会場としても有名な阿佐谷パールセンター、JRに荻窪駅前の荻窪ルミネをはじめ、大型スーパーも点在していて、区民の生活に役立っています。
さまざまな企業のオフィスも点在しますが、区全体としては宅地として広く利用され、公共住宅も数多く残っていますが、駅から少し離れると閑静な住宅地が続いています。
年中行事として、6月の久我山ホタル祭りをはじめ、7月の阿佐ヶ谷七夕まつり、8月の高円寺阿波踊り、10月の阿佐ヶ谷ジャズ・フェスティバル、大人の文化祭と呼ばれる高円寺フェスなど、季節ごとにお祭りが開催され、東京都内でも有数のおまつりとして区外からも多くの人が訪れるイベントと名を馳せています。

旧跡名所や文化団体の拠点としての役割も

杉並区には歴史的な名所や文化団地、スポーツチームの拠点も多く見られる特徴があります。和田堀公園や善福寺川緑地・公園、防災対策の一貫として設けられた「知る区ロード」公園などの自然溢れる場所や、「東京のへそ」という通称を持つ大宮八幡宮は、境内の広さが都内随一で安産、子育ての神様が祀られていると、女性の参拝者が連日後を絶ちません。閑静な宅地エリアながら治安も良く、発展性もあるので古びた雰囲気が比較的少ないので、学生など若い世代からお年寄りまでどなたでも暮らしやすい区となっているので、新しい生活の拠点としても選びやすいでしょう。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事