• 2015/09/01
  • PR

大都会・豊島区の隠れた魅力

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Toshimaku01

豊島区は東京23区の北西部に位置しています。副都心・池袋のイメージが強い豊島区ですが、歴史ある落ち着いたセレブの街・目白、下町情緒あふれる巣鴨など、他にもさまざまな魅力のエリアがあります。そうした隠れた魅力を紹介していきたいと思います。

豊島区の経済・商業の中心地は主要駅である池袋駅周辺です。池袋駅は8路線が乗り入れる大きな駅で、一日の乗降客数は世界でも有数の多さを誇ります。
駅東口方面は繁華街が広がり、建設当時アジア一の高さだった超高層ビル「サンシャイン60」や大型家電量販店、豊島区役所などがあります。西口方面には、東京芸術劇場や立教大学、池袋演芸場などがあり、文化と芸術の薫り高い街となっています。
また、池袋は1958年に都心の機能を分散するために指定された三大副都心の1つとして、大都市東京の重要な機能を担っています。
一方で豊島区の東部にある大塚・巣鴨・駒込エリアは旧中山道、日光御成街道が通る歴史と伝統の町です。下町情緒あふれる街並も残っており、「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨商店街もここにあります。巣鴨駅からとげぬき地蔵へと延びる有名なこの商店街は、毎月4の付く日に縁日が開かれ、多くの人が訪れる人気スポットです。また、駒込は「染井の植木屋」とも呼ばれた園芸の盛んな土地で、現在では桜の代名詞となった「ソメイヨシノ」が誕生したのもここです。
豊島区は芸術、文化の町でもあります。池袋駅周辺はサンシャイン劇場や東京芸術劇場をはじめとする劇場が多く、演劇の町としても知られていますし、池袋モンパルナスと呼ばれた芸術家村、南部の目白、雑司ヶ谷にもひとつの文化圏が存在します。目白は高級住宅街が広がるセレブなエリアで、かの学習院大学も目白駅前にあります。東西に走る目白通り沿いには、日本を代表する児童文学者であり、「赤い鳥」創刊で知られる鈴木三重吉や、作家の舟橋聖一や宮本百合子、画家の安井曽太郎らの住まいがあり、閑静な住宅街・目白2丁目とともに「目白文化圏」と呼ばれています。また、雑司ヶ谷近隣には名所旧跡も多く、安土桃山時代の天正6年に建立された雑司ヶ谷鬼子母神は現在も多くの参拝者で賑わいます。
このように豊島区はビジネスと経済、歴史と文化の多彩な魅力が混在するエリアとなっています。

住みたい街・池袋と豊島区

このようにさまざまな魅力満載の豊島区には他にも多くの魅力があります。石ノ森章太郎や手塚治虫らが暮らしたことで知られる「トキワ荘」も豊島区にありますし、ソメイヨシノ誕生の地としてさまざまなお祭りも開催されています。また、大塚阿波踊りや雑司ヶ谷鬼子母神の鬼子母神御会式なども有名で、多くの見物客でにぎわいます。一時、池袋が人口減少から将来消滅の危機?!と話題になりましたが、2014年度の「住みたいまちランキング」では3位にランクイン、豊島区は人口も2005年から2010年までの人口増加率は東京都でも第2位になるなど、依然として人気のエリアであることがうかがえます。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事