• 2015/09/01
  • PR

豊かな自然と高い利便性を持つ北区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kitaku01

東京都北部にあり、JR京浜東北線に沿うように北西~南東方向に細長い形をしているのが北区です。鉄道・道路ともに利便性が高く、行政が「住んでよかったと思える街・北区」を掲げ住民のための取り組みを進めていることで知られます。他にもさまざまな魅力にあふれた区です。

北区の北側、埼玉県、東側は足立区と接しており、区境を流れる荒川、隅田川一帯は豊かな自然を感じられるエリアです。広い河川敷には野球場などスポーツ施設やバーベキューを楽しめる広場が整備されています。また、区内には「清水坂公園」、「浮間公園」、「滝野川公園」など緑豊かな公園も多く、区民の憩いの場となっています。
経済・商業の中心地は赤羽駅周辺で、「赤羽一番街商店街」、「赤羽スズラン通り商店街」などの大きな商店街があります。他地区の代表的商店街として、王子地区には十条銀座商店街、滝野川地区には霜降銀座栄会などがあり、いずれも多くの買い物客で賑わいます。なお北区役所の所在地は王子です。現在30数万人が暮らす北区では、住民のため「住んでよかったと思える街」を目指し、出産・子育て支援や、区民の安心、安全を守るためのさまざまなサービスが行政により提供されています。その結果、2013年度の北区民意識調査では区民の8割が「住みやすいと感じる」と答えており、その暮らしやすさがうかがえます。
北区は交通の便が良く、JRの5つの路線の他にも都電荒川線、東京メトロ南北線、埼玉高速鉄道彩の国スタジアム線の3社の路線が走っています。特にJRの駅は23区中最も多く、他路線を合わせると北区のほぼ全域が駅(都電は停留所)まで徒歩10分圏内という利便性の高さを誇ります。環八、国道17号、北本通りなど幹線道路も多く、車での移動にも便利です。
また北区は、歴史の街でもあります。江戸時代、北区は江戸の庶民が軽く遠出して花見やもみじ狩り、稲荷詣でなどを楽しむ緑豊かな行楽地として栄えました。特に王子地区には江戸を感じさせる名所・史跡が多く残されています。八代将軍徳川吉宗が造らせた飛鳥山を整備した「飛鳥山公園」や落語「王子の狐」の舞台となった「王子稲荷神社」、江戸時代の名主の屋敷跡である「名主の滝公園」などがその例です。他の地区にも大田道灌が築城したという稲付城跡の静勝寺、滝野川にある新撰組隊士の供養塔などさまざまな史跡があります。

住みやすさを追求する多彩な街・北区

北区にはこれまで紹介したスポットの他にも、旧古河財閥の邸宅跡を公開したバラで有名な「旧古河邸」、レンガ造りのレトロな建物である北区立中央図書館、北区のランドマーク「北とぴあ」、水に親しむ「浮間公園」など多様なスポットがあります。行政面でも、子育てだけでなく、荒川・隅田川などの大河川を有することや、今後30年以内に起こるといわれるM7クラスの震災の危険性などから防災にも力を入れています。また、お年寄りが健康に快適に暮らせるような介護防止事業も積極的に展開、長寿のお祝いなども行われてお年寄りにも暮らしやすい街を目指しています。これらの取り組みによる今後の北区の発展が期待されています。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事