• 2015/09/01
  • PR

日本の伝統的な魅力溢れる足立区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Adachiku01

足立区は、東京都の特別区のひとつで、東京23区の東部に区分されています。北は埼玉県に隣接する東京都の最端に位置し、隅田川と荒川の河川の周辺に広がる住宅地と緑溢れる地帯、昔ながらの下町の影を残しながら発展中の様子が見られます。そんな足立区の魅力を含め、特徴的なスポットをご紹介します。

足立区は東京23区の北東部に位置する区で、隅田川と荒川に挟まれた地区と、面積の大半をしめている荒川以北の地区に分かれます。
区名の「足立」の由来は、もともと「阿太知」だったものを置き換えたとみられる他、日本武尊(または坂上田村麻呂)が立てるようになったという伝説、「葦立ち」が転じたものとする説があります。
南東の荒川南岸に位置する千住地区は、江戸時代には日光街道と奥州街道の宿場町であり、いま現在はターミナル駅である北千住駅のある区内随一の繁華街と化しています。
2005年時点の夜間人口(居住者)は62万人前後であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうち区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は夜の0.86倍になります。
通勤者で見ると、労働人口の通勤では区内から区外へ出る通勤者のほうが多くなっています。
都心へのアクセスも非常に良く、鉄道網はJR常磐線、埼玉県へ伸びる東武伊勢崎線、東部大師線、京成本線、東京メトロ日比谷線、千代田線、茨城県へも近いつくばエクスプレス、舎人ライナーが走っています。
区内に最初に開設された大学は、93年の放送大学東京足立学習センターですが、それ以前は当区には大学が1つも設置されておらず、2000年になってもキャンパスを有する大学はありませんでした。
しかし、2006年に東京芸術大学が開校してからは大学の開校が相次ぎ、2007年に東京未来大学、2010年に帝京科学大学、2012年に東京電機大学が開校しました。
東京電機大学は北千住駅東口に近接しており、この地区は高層マンションなどが建設されることで計画が決定していた地区だったのですが、都市計画を大幅に変更して開校に至りました。
こうした複数のキャンパスの設置に伴って学生の若い世代の流入もにわかに増えてきています。
足立区は単なる大学誘致に留まらず、文化・産業・芸術新都心構想を策定し、各大学の特色を生かした連携事業を数多く行っている区としても目立っているのです。

神社仏閣やお寺も多く残る土地

足立区には神社仏閣やお寺が多いのも特徴的です。その多さは各町ごとに稲荷神社、氷川神社、浅間神社、八幡神社などが所在しているといっていいほどです。西新井大師で有名な総持寺も足立区内にあり、関東の高野山として古くからたくさんの人が参拝に訪れ、年始の初詣には長い行列を作っています。最寄り駅は東部大師線の大師前駅で、初めて訪れる方にも比較的簡単にアクセスできます。歴代の芸能人や有名人を多く排出していることでも知名度の高い足立区は、都心と都外両方への利便性や安定した街の治安や雰囲気などから不動の人気のエリアとなっています。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事