• 2015/09/01
  • PR

住みやすさが魅力。歴史と自然の残る街、府中市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Fuchushi01

東京都多摩地域に位置する府中市は、人口26万人を越える人々が暮らす街です。他のベッドタウン都市と比べて多くの企業が市内に拠点を置いているため、職場と住居が近しい環境であることが特徴のひとつ。大型ショッピングセンターや住民のニーズに応えた文化センターなども充実しており、生活のしやすさからか人口は今もなお増え続けています。

かつて大化の改新で国府が構えられ、鎌倉時代・江戸時代と歴史を刻んできた府中市。そのため市内には神社や仏閣などの由緒ある名所が多く残っています。市内に350以上の公園を有する自然溢れる環境を持つ一方で、中心駅である府中駅南口では大規模な再開発が現在も進行中。伊勢丹や複合型商業施設の「くるる」などが市民に親しまれているようです。駅前を少し外れれば、古くから地域に根付いてきた商店街も残っています。
交通面は京王線、JR武蔵野線、JR南武線が運行。都心部へのアクセスは少々不便な面もありますが、その分バスが充実。中央線の多数の駅から府中方面を結ぶ路線バスが支持を得ています。その他にも名古屋や大阪などへ向かう高速バス、京王線府中駅からは羽田空港へのリムジンバスを利用することも可能です。
公共面では市内の11カ所に公民館、児童館、高齢者福祉館、図書館をまとめた文化センターを設置しており、市内はどの地域からも利用しやすいよう配慮されています。さらに図書館も13館、野球場やテニス場、体育館、プールなどを複数完備しており、住民の満足度も高いようです。
また、府中市のシンボルのような存在として知られているのが「馬場大門けやき並木」。その昔、源頼義・義家により1000本の苗が送られたことから始まったといわれています。現在もその時代のけやきが数本残されており、カエデなどの樹木と並んで美しく街を彩っています。
そしてお祭りが大好きなことも、府中市の大きな特徴としてあげられます。1年を通してあらゆる行事が毎月のように行われ、市民の交流の場としても大切にされているようです。春の市民桜祭りから始まり、文化センターで行われる地域祭り、夏には東京競馬場花火大会が開催され大勢の人が集まります。1月に行われるどんど焼きは、田んぼに組み立てた竹のやぐらを盛大に焚き上げ、無病息災を願う伝統的な習わしです。
また市民体育大会や府中駅伝競走大会といったスポーツ祭や、よさこいin府中、けやき並木イルミネーションなど、新旧問わずさまざまなイベントが開かれています。

住民に愛され続ける街、府中

府中市はけやき並木や雄大に流れる多摩川を臨め、歴史と自然が多く残る美しい街です。お祭りやイベントが頻繁に行われているため、地域のコミュニティが活発なことも大きな特徴です。また人口減が続いている地域が多い中、人口がなお増え続けていることは府中市が住みやすい街であることの証明だと思います。豊かな街並みを残しつつ、府中駅前の再開発を軸にますます生活しやすい街へと成長していくことでしょう。住民が愛し続ける府中市、長く伝わる伝統はそのままに、これからどんな発展を見せてくれるのか楽しみな街です。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事