• 2015/09/01
  • PR

都心部へのアクセスがよく、緑豊かな調布市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Chofushi01

調布市は、東京都の多摩地域と23区部の境目にあります。都心へのアクセスが良いためベットタウンとして住環境が整っているほか、映画関係の撮影所やスポーツのスタジアムがあるなど、レジャー施設も充実していることが特徴です。また、深大寺や植物園もあり、自然が豊かなことでも知られています。

東京都のちょうど中心あたり、多摩地域の東端に位置する調布市は、東京23区+市部の25市中で4番目の人口を有しています。「自由の女神の形」とも言われており、世田谷区や三鷹市・狛江市など都内の複数の自治体と接しているほか、一部は神奈川県川崎市にも隣接しており、各地へのアクセスに便利です。市の中心は京王線の調布駅で、八王子に向かう本線と神奈川県の橋本に向かう相模原線の分岐点になっています。調布駅から新宿駅までは特急に乗れば2駅で行け、都心に通勤する人たちのベッドタウンとしても有名です。また、市内はバスの交通網が発達しており、近隣の市へ行く場合も含めてバスでの移動の便がよくなっています。
市内には国立大学法人の電気通信大学をはじめとした複数の大学があり、学生も多く居住しています。調布駅の周辺にはパルコなどのファッションビルも充実しており、若々しい雰囲気が漂っています。産業としては農業やホッピーなどの製造業も行われていますが、第三次産業がとくに盛んです。中でも、映画・映像関係の撮影所や会社が多く、市も「映画のまち」として観光用にアピールしています。
「映画のまち」をはじめ、調布市は他にも観光地としての見どころが多い市です。味の素スタジアムで行われるJリーグの試合や野外コンサートなどは、市外からの大勢の客でにぎわいます。そのほかにも深大寺や新撰組ゆかりの土地など、歴史の風を感じられる場所も多いです。また、毎年夏には「調布市花火大会」が開かれます。多摩川の河川敷で行われ、約9000発の花火が打ち上げられる一大イベントです。
調布市はNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の舞台になったことで、名が知られるようになりました。実際にドラマのモデルとなった漫画家の水木しげるさんが居住しており、「ゲゲゲの鬼太郎」に会える街として観光スポットになっています。調布駅からすぐの天神通り商店街に「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる妖怪たちのモニュメントが並んでいるほか、深大寺には「鬼太郎茶屋」があり、多くの観光客でにぎわっています。

2015年に市制60周年を迎えた調布市の今後の展望

このように自然が豊かでありながら、都心へのアクセスも良い調布市。観光スポットやイベントなどに使われ、市民以外に知られている場所も多いです。調布市は2015年で市制60周年を迎え、記念事業やイベントも多数行われています。市の人口は60年間の間に5倍に増加しました。2013年から2022にかけては、「みんなが笑顔でつながる・ぬくもりと輝きのまち調布」を目標に掲げた総合計画が進められています。「(災害に)つよいまち」「安心して住み続けられるまち」「利便性が高く快適で豊かなまち」「うるおいのあるまち」の4つが重点プロジェクトです。調布市は、インフラなどのハード面とサービスなどのソフト面の両方から、より住みやすい場所を目指していることがわかります。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事