• 2015/09/01
  • PR

多摩地区有数の商業ゾーンでありながら自然も満喫できる街「町田」

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Machidashi01

一大商業ゾーンとベッドタウン、そして田園都市の3つの顔を持つ町田。都心や観光地へのアクセスも良く、これからの発展も期待できる街です。さまざまなライフスタイルや家族構成にマッチする町田は、自分のスタイルを大切にして暮らす方におすすめの街です。

町田市は東京都の南端に位置し、南北に細長く、東京都から半島のように神奈川県側に突き出したような形になっています。人口は42万人。東京23区、八王子市に次いで3番目(23区を除くと22番目)の人口です。町田市はその地理的位置から、東京都であるにも関わらず神奈川県側の地域との交流が盛んで、交通や経済面からは神奈川県域として扱われる場合もあります。交通の中心となるのは小田急町田駅、JR横浜線町田駅です。小田急線では町田駅から新宿駅まで最短30分から50分で行くことができます。また、小田原を経由して箱根の入り口となる箱根湯本駅まで直接訪れることができ、新宿~箱根湯本間は特急ロマンスカーも運行しています。JR横浜線を利用すると、横浜駅、桜木町駅まで30分前後。また新幹線と接続する新横浜駅までは20分弱ですので、遠方への移動にも便利です。横浜と反対方面は、八王子を経由して奥多摩方面や相模湖方面を訪れることができます。市内での移動はバスが主要な交通手段となっており、運行本数やルートが充実しています。
都心部へのアクセスの良さから1960年代よりベッドタウンとして開発が進み、現在でも郊外では一戸建て、駅近くでは中高層マンションを中心に開発が現在でも盛んに進められています。また大小さまざまな団地も多くあります。町田駅近辺は、小田急線、横浜線沿線でも有数の繁華街で、百貨店や多くの専門店が存在する一大商業地です。鉄道に加えて、16号線や246号線などの自動車のアクセスもよく、神奈川県北部も含めた周辺の商業の中心となっています。また近年、市内南部の東急田園都市線・南町田駅には大型のショッピングモールも開業しました。
反対に町田駅から数km離れれば田園地帯になり、農地なども見られます。特に西部から北西部にかけては農地が多く、一部では畜産も営まれている農業地域となります。市内中部から北部にかけては丘陵地帯で、里山や山林が点在し貴重な野生動物に遭遇することもできます。

その他にも魅力的なスポットがたくさん

ご紹介したスポットの他にも、薬師池公園の向かいにあり、200匹のタイワンリスが放し飼いされていて手に載せて餌をあげることができたり、ウサギやモルモットとふれあうことができる「町田リス園」や、ガラス器・陶磁器などの美術工芸品の収蔵量で国内有数の「町田市立美術館」などのおすすめスポットがあります。そして何といっても町田駅前には、「ルミネ」や「東急Twins」「小田急百貨店」「マルイ」「モディ」などの百貨店やファッションビルを始めとして、たくさんのファッション、雑貨、飲食系の店が所狭しと並んでおり、1日中散策していても飽きることがありません。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事