• 2015/09/01
  • PR

武蔵野の面影を残し、都市と農業が共存するまち、西東京市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nishitokyoshi01

21世紀のはじめに、田無市と保谷市が合併して誕生した西東京市。武蔵野の面影を残し、江戸時代から青梅街道の宿場町として栄えた歴史のあるまちです。あまり有名ではないけれど、こぢんまりとして暮らしやすい西東京市の特徴と魅力あるスポットをご紹介します。

西東京市は、武蔵野台地のほぼ中央に位置しています。北は埼玉県新座市、南は武蔵野市と小金井市、東は練馬区、西は東久留米市と小平市に隣接しています。
西東京市の人口は、2015年現在で19万8000人。男女比率は、やや女性の方が上回っています。市内の交通網としては、東西に走る「西武新宿線」と「西武池袋線」があります。南北に走る鉄道はなく、移動はバスになります。コミュニティバスの「はなバス」も運行され、市民の足となっています。
市の面積の1割が農地という西東京市では、野菜や果樹などさまざまな農産物が栽培されています。保谷梨、ブルーベリーは特に有名です。野菜の無人直売所もたくさんあり、農業に関わるイベントも盛んです。市は、都市と農業が共生するまちづくりを目指しています。
自然が多い西東京市ですが、駅前の商業施設は充実しています。池袋線の急行が停車するひばりが丘駅前には、パルコや西友があります。田無駅前のアスタは、イトーヨーカドーと西友と専門店街からなる大型商業施設です。
合併記念として造られた「西東京いこいの森公園」は、4.4ヘクタールの市内最大規模の公園です。バーベキューやピクニック、お花見、自然観察などのレクリエーション、ランニングやウォーキング、バスケットボール、インラインスケート、スケートボードなどのスポーツも楽しめ、市民のいこいの場です。秋には大規模なイベント、西東京市民祭りが行われます。市のマスコットキャラクター「いこいーな」は、いこいの森公園に住む妖精で、園内にある珍しい「ハンカチの木」の花を帽子につけています。いこいーなは、市内の有名なアニメ制作会社「シンエイ動画」によってデザインされました。
その他の見どころとしては、世界一のプラネタリウムを持つ「多摩六都科学館」、その隣にある「スカイタワー西東京」、お花見スポットでもある「東大農場」、一年中スケートができる「東伏見アイスアリーナ」、文化財としては、国史跡に指定された「下野谷遺跡」、東京都指定文化財である「田無神社本殿・拝殿」などがあります。

これからが楽しみなまち、西東京市

自然や畑が多く、どこかのんびりした雰囲気のある西東京市。しかし商業施設も充実していて、大概のものは地元で揃ってしまいます。もともと池袋や新宿へのアクセスは20分ほどでしたが、池袋線への乗り入れによって、渋谷や六本木、横浜方面にも直通で行けるようになりました。駅前再開発も徐々に進んでおり、大きな道路も次々に開通しています。特に東日本大震災後には、地震の被害が非常に少なかった地盤の固い地域ということがクローズアップされ、土地の価値も上がっています。安全で暮らしやすい、今後の発展がますます楽しみな西東京市です。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事