• 2015/09/01
  • PR

ふるさとのような町、東京都瑞穂町

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nishitamagunmizuhomachi01

瑞穂町は多摩地域にある自然豊かな町で、狭山丘陵の最西端に位置しています。昔ながらの町並みを残した住宅開発も進んでおり、「みらいに ずっと ほこれるまち」を合言葉に住民に寄り添ったまちづくりが行われています。

およそ3万3千人の人々が暮らす瑞穂町は、たくさんの農地を持っていることを生かし、東京狭山茶やシクラメンを中心とした、たくさんの農産物を栽培しています。狭山茶は「みずほブランド」ともいわれ、その他にもさまざま種類の茶葉を栽培。贈り物としても喜ばれているようです。
鉄道はJR八高線が運行し、複数の路線バスも走ります。通勤や通学は近隣地区である福生市の「拝島駅」からJR青梅線を用いて立川駅まで出る住民が多いようです。
このようにあまり交通の便がよくないことから、住民のほとんどが、車を交通手段として用いています。
農産物以外の特産品としては「東京だるま」があげられます。別の呼び名を「多摩だるま」ともいい、国内のだるま生産の8割を占める群馬県の高崎だるまより、あっさりした顔立ちが多いことが特徴です。最近では、だるまを抱いた猫の置物などの独自商品も生産しており、愛好家の間でもユニークだと話題に上るほど。作られただるまは1月のだるま市で販売され、一般的な赤色だけでなくカラフルなものも取りそろえ、訪れた人々を楽しませています。
瑞穂町はとにかく自然が豊かで、それを生かした公園づくりや遊歩道の整備、祭りなどのイベントを行っています。町の中央から東側へ広がる狭山丘陵には、トウキョウサンショウウオやゲンジホタルなどの貴重な生物が生息。ホンドタヌキやオオタカ、オオルリという夏鳥の姿を確認することもできます。また、今では自然に咲くことはほぼ無いといわれている、片栗粉の原料であったカタクリの花も見られ、しとやかで可愛らしい姿は見た人の心を和ませてくれるでしょう。
また教養施設にも力を注いでおり、郷土資料館や武蔵野旧家を思わせる耕心館、大ホールと小ホールが構えられたスカイホール、囲碁や陶芸、フラダンス、ビーズ愛好会などの14の団体が活動する生涯学習センターなどがあります。複数ある児童館では、小学生以上を対象に工作や料理教室などのイベントも行い、地域間のつながりが強いのも特徴です。

自然と暮らす町、瑞穂町

瑞穂町は豊かな自然が残る美しい町です。地方から出てきた方だけでなく、都心で育った方もどこか懐かしさを感じることができるかもしれません。みずほブランドを始めとする特産品にも力を入れており、それを盛り上げるために地域の結びつきが強いのも瑞穂町の魅力でしょう。穏やかな雰囲気で治安も悪くなく、のんびりと過ごしたい方や子どもの情操教育を大切にするご家庭にもおすすめしたい町です。春にはサクラが咲き、夏には緑が茂り、秋には鳥が渡り、冬にはシクラメンが咲く。この魅力を、瑞穂町にはこれからもぜひ守り続けて欲しいと願います。

任意

住みたい街東京!家族で探す子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事