• 2015/09/01
  • PR

横浜市南区の住みやすさ!大岡川では桜並木と祭り、ウォータースポーツが楽しめます

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Yokohamashiminamiku01

横浜市中心部に近い横浜市南区は、桜をシンボルにまちづくりを進めています。区域内は主に住宅地で、暮らしやすい環境づくりのためにさまざまな施策・プロジェクトが行われています。歴史的に貴重な文化財から、近年みんなで作り上げた祭りや名物まで、いろいろ詰まっているエリアです。

横浜市南区は、1943年に中区から分区して作られた区で、横浜市全体の中央やや東南部にあります。区域は東西の長い形状で、保土ヶ谷区や磯子区、中区、港南区などと接し、中央部を南北に、京急線・鎌倉街道・市営地下鉄ブルーラインが横切っています。
南区の地形としては、西部は多摩丘陵の丘陵地、東部は大岡川の流れなどが作った低地が広がっています。そして南東の区境にわずかに台地があり、これが下末吉台地の境界となります。また、区内全域にわたって多くの谷地が作られています。土地の殆どは住宅地として使用されています。区内北部を通る首都高狩場線や、西部を通る横浜横須賀道路など、幹線道路の周囲には高層階マンションやビルが建ち並び、それ以外には個人宅や中低層の集合住宅が多くなっています。
鉄道は、横浜市営地下鉄ブルーラインと京急線が通り、南区の中心となる駅は、ブルーラインの蒔田駅です。また、港南区に属するブルーラインと京急線の上大岡駅や、保土ヶ谷区に属するJR横須賀線・保土ヶ谷駅を最寄り駅として利用しているケースも多く見られます。
南区は区の花にさくらを採用し、「さくら」を前面に押し出したさまざまなイベントなどを実施しています。例えば、区のマスコットは、桜の花びらに因んで作られた桜の妖精「みなっち」です。みなっちは区内の各種イベントに登場し、スマートフォン用のみなっち壁紙が配付され、「みなっち、貸します」と題した着ぐるみの無料貸し出しも区役所では行っています。
他にも南区独自で桜の名所・名木を指定し、区のHPにさくらプロジェクトのページを作り、大岡川の桜並木を中心に催される南区桜まつりを積極的に宣伝しています。南区桜まつりは、交流と郷土愛をテーマに南区全体で盛り上げる区民まつりで、大岡山プロムナードの桜並木が、開花中毎日ライトアップされ、観光客も多く訪れます。フォトコンテストや「お花見ボート乗船会」なども合わせて行われます。

南区のほんわかイベントいろいろ

南区ではユニークな企画として「南区おそうざいマップ」を作成し、HPなどで公開しています。市民からの自薦・他薦で寄せられた、テイクアウトのできる自慢の下町グルメを厳選して掲載している、南区の美味しいものマップです。また、南区には春の桜まつりだけではなく、季節ごとのお祭り・イベントがあります。夏には、大小さまざまな絵灯籠が街を飾り、被災地物産展や盆踊り大会なども開かれる「南まつり」、秋には大神輿御巡幸が壮観な日枝神社例大祭があります。また、11月に大鷲神社で行われる酉の市、大岡川の冬を彩る「光のぷろむなぁど」は区内外から多くの人が訪れ賑わいを見せます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事