• 2015/09/01
  • PR

横浜市磯子区の住みやすさ!臨海部の大工場群と、房総・伊豆を望む氷取沢市民の森と

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Yokohamashiisogoku01

東側が海に面している横浜市磯子区は、臨海部の大工場群と内陸部の深く豊かな森がともに栄えているまちです。交通の利便性も高く、社会設備もしっかりしている一方、清らかな川の流れや、深い森にすむ小鳥や小動物との出逢いもこのまちにはあります。

横浜市磯子区は、横浜市の南東部にあり、東側は海に面し、北東側に横浜の中心・中区、他は南区、金沢区、港南区、栄区に接しています。区域面積は約19km²、人口は約16万人です。
横浜港の一部である臨海部は広域埋立地で、埋立地の周りは、北側が微高地と下末吉台地南端の台地面で、中部から南部にかけてはわずかな微高地、西側は多摩丘陵の丘陵地です。台地部分、丘陵地とも複雑な樹枝状の谷ができ、全体として起伏のある地形です。埋立地は工業地帯として使われ、JX日鉱日石エネルギー根岸製油所や旭紙業、NIPPOコーポレーション、造船会社・ジャパンマリンユナイテッドなどの工場が建っています。また、横浜市民ヨットハーバーもあります。
磯子区は、昭和期の臨海部埋立て・工業地帯化とともに、内陸部の住宅地化とインフラ整備が進められ、道路網、鉄道網も充実しています。道路については、首都高湾岸線や横浜横須賀道路、国道16号・357号などが通り、鉄道はJRや京急本線が乗り入れています。首都高湾岸線に平行して走るJR根岸線は、新杉田から西方向の洋光台・港南区へと抜けていき、京急線は区域を南北に縦断しています。また、新杉田からは海岸線を隣の金沢区へと走る、金沢シーサイドラインが伸びています。
商業施設については、京急ストアや東急ストア、ピーコック、イトーヨーカドーといったスーパーが、主に鉄道各駅周辺に出店しています。また、地元に密着した商店街も区内に14カ所あり、隔月で区役所を会場に「商店街朝市」も開催されています。
区内で商業地として特に賑わっているのは、洋光台駅や磯子駅の周辺です。
洋光台駅周辺地区にはスーパーの他、マツモトキヨシやブックオフ、コナミなどの店舗、横浜こども科学館や円海山などのお出かけスポットもあります。また、磯子駅周辺地区にはトイザらスやゲオ、KFCといった店舗もあり、桜の名所としても知られる多目的公園・久良岐公園へもバス利用で出かけられます。公共機関については、JR磯子駅近くに、磯子区役所・市立磯子図書館・磯子公会堂が入る磯子区総合庁舎があり、ここが区行政の中心です。

ゆっくり訪ねたい、ゆっくり味わいたい、磯子区

磯子区にはまだまだ魅力や見どころがあります。根岸なつかし公園に建つ明治大正期の豪邸、巨大な流れるプールが人気の横浜プールセンター、道具を借りて気軽に釣りができる桟橋・磯子海釣り施設などは、横浜らしいスポットです。また、梅林と夜景の美しさで知られる岡村公園、久良岐公園の移り変わる四季の景観、洋光台緑地トンボ池などは、同じ自然といってもそれぞれ趣が違っています。時間があればゆっくりと訪ねたい場所が色々見つかるのも、磯子区の特徴です。また、もう一つ、時間があればゆっくり吟味してみたいのが「磯子の逸品」です。地域活性化事業で、磯子区内の食べ物飲み物の中から「逸品」が認定されています。

任意

神奈川県で探す子育て環境も教育も充実した住みたい街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事