• 2015/09/01
  • PR

横浜市金沢区の住みやすさ!金沢文庫と八景島、歴史と「いま」が織りなすまち

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Yokohamashikanazawaku01

金沢区のシンボルマークには、海の波とカモメが明るい青で描かれています。八景島シーパラダイスのダイナミックなアミューズメントと、金沢文庫の歴史を感じる落ち着きが融合しているのが金沢区です。都会の利便性と豊かな自然を併せ持つ場所です。

金沢区は横浜市18区の1つで、1948年に磯子区から分区する形で始まりました。三浦半島の付け根東側、横浜市の南端に位置しています。区域の東側は東京湾に面し、北は磯子区、西は栄区と鎌倉市、南は逗子市と横須賀市に接しています。区内には約9万世帯20万人が暮らしています。
金沢区の区域は丘陵地が多く、宮川と侍従川の流域と海岸線は低地です。丘陵地は起伏に富んでいて樹枝状に複雑な谷ができ、内陸部に広い緑地域があります。海岸線のほとんどは広域埋立地で、埋立て後の土地には、金沢工業地帯とマリンスポーツなども楽しめる複合型レジャー施設などが作られています。金沢区の人気スポット、横浜・八景島シーパラダイスや横浜ベイサイドマリーナです。
また、金沢市民の森には、横浜最高峰156.8mの大丸山があります。金沢動物園からも近く、ハイキングコースとしても知られ、山頂から見渡せば、東京湾・八景島・房総半島の眺望が広がっています。
金沢区はまた、北条実時が作ったといわれる、金沢文庫や称名寺など、今も残る史跡が示すように、鎌倉市にあった鎌倉幕府と強いつながりを持っていた土地でもあります。他にも、共に源頼朝が創建したと伝わる富岡八幡宮や瀬戸神社などが金沢区内にあります。観光スポットもいろいろあり、複合型遊園地の横浜・八景島シーパラダイスや東京湾の眺望が人気の金沢自然公園、草食動物をメインに飼育している金沢動物園などが人気です。
教育機関については、横浜市立大学と関東学院大学があり、高校は県立金沢総合高等学校他公立高校2校、私立高校4校があります。
交通は、鉄道については、京急本線・京急逗子線・金沢シーサイドラインが通り、金沢区の中心駅は京急の金沢文庫駅と金沢八景駅です。路線バスについては、横浜京急バス、横浜市営バス、神奈川中央交通などが区域内で営業しています。なお、新橋と品川からの深夜バスの終点が金沢文庫となっています。また道路は、横浜横須賀道路や首都高湾岸線の他、国道16号・357号などが区内の基幹道路となっています。
商業施設については、中心駅の金沢文庫・金沢八景駅を中心に、区内全域に百貨店やスーパーが約40店出店しています。京急ストア各店やイオン金沢シーサイド店、ダイエー金沢八景店、コストコホールセール金沢シーサイド倉庫店などがあります。また、主な公共機関については、金沢区役所や金沢消防署などが入る金沢区総合庁舎や金沢警察署、金沢郵便局などが金沢文庫駅の東側に集まっています。

「環境未来都市 金沢」の歴史と現在と未来

中国僧・心越禅師が名付け、浮世絵師・歌川広重が描いた金沢八景。往時の面影は残念ながらあまり残っていませんが、海を臨む美しい眺望と人々の活気ある営みは今も金沢区に息づいています。金沢区では「環境未来都市 金沢」宣言をし、地域と企業、大学、商工業、鉄道などが「つながり」を持って、まちの魅力を醸成し発信していく施策を推進しています。地球温暖化対策から地域活性化、豊かな自然の保全などに取り組んでいます。また、毎年開催される金沢区の最大のイベントが「金沢まつり」です。海の公園で開かれるまつりでは、花火大会やバザー、フリーマーケットが催され、パレードやパフォーマンスも見られます。

任意

神奈川県で探す子育て環境も教育も充実した住みたい街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事