• 2015/09/01
  • PR

横浜市戸塚区の住みやすさ!一番広い区・戸塚

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Yokohamashitotsukaku01

横浜市戸塚区は、東京都内や横浜市内のベッドタウン的な存在で区内において最も面積が大きく、居住人口が比較的多いという特徴があります。また、東海道の宿場町としての歴史を持ち、現在は戸塚駅を中心として商業施設と住宅街との複合タウンを目指し、開発が進んでいます。ここでは横浜市戸塚区の魅力と特徴を詳しくご紹介していきます。

横浜市戸塚区は、1939年に鎌倉郡内の1町7村が横浜市に編入されて誕生し、1955年以降は、道路や鉄道が整備されました。
そののちに瀬谷区と栄区、泉区を分区しましたが、戸塚区の面積は35.7km²と横浜市内で最も大きい区となっています。
人口は18区中の第4位で、人口密度は第10位と比較的低い割に、横浜市内や東京都内へ通勤・通学する人のためのベッドタウン的な役割も果たしている状況です。
横浜市を構成する18の行政区のうちのひとつで、戸塚駅という主要駅を中心に住宅地区として発展してきました。
江戸時代には東海道の宿場町として栄え、明治時代になると東海道本線が開通、戸塚駅が誕生しました。
近代化の波により、日立製作所をはじめとする多くの企業が区内へ進出してきました。
付近一帯の再開発が課題とされてきたものの、2007年になって本格的な事業着手と工事開始となりました。
2010年の4月には商業施設・トツカーナが完成、2012年秋には第2交通広場や戸塚区役所新庁舎などが次々と完成していきました。
現在戸塚駅周辺を中心とした再開発はいまだ進行中であって、新しく生まれ変わる過程にあります。
位置的にはJR線横浜駅と大船駅のちょうど真ん中あたりで、区の中央を柏尾川・東海道線・国道1号が縦断する形となっています。
谷戸、また沢の地形が多く見られ、区内の交差点や踏切などでは渋滞の起こりやすい箇所もあります。
柏尾川流域には古い工場が多く、ほとんどの丘陵地では住宅地開発がされています。

区内の商業開発と東戸塚駅

このように、商業開発が続々と進められている戸塚区ですが、JR線戸塚駅の隣、東戸塚駅の駅前開発の進行も目を見張るものがあります。東戸塚駅の東口側は西武東戸塚店・オーロラモール・オーロラモールアネックス・ダイエー東戸塚店があるオーロラシティがあり、西武館とオーロラモール館の4階からは駅東口へと同一平面上で結ばれた歩道橋を通行でます。また、西口側には東戸塚西口プラザがあり、大型電気店や玩具用品店が入居しています。住宅地区でありながら、駅前の商業施設の高い充実度を誇る横浜市戸塚区からまだまだ目が離せませんね。

任意

神奈川県で探す子育て環境も教育も充実した住みたい街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事