• 2015/09/01
  • PR

再開発が進んだ横浜市港南区の住みやすさと子育て環境

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Yokohamashikonanku01

横浜市港南区は、再開発事業により上大岡駅周辺と港南台駅周辺は、大型商業施設が並ぶ商業地に発展しました。そんな港南区の概要と魅力をはじめ、お出かけスポット、自治体が取り組んでいる子育て支援などについてご紹介していきます。

横浜市港南区は、横浜市南部に位置する人口約216,000人の地域です。山と谷が迫り、山が街全体を包み込むような豊かな谷戸地形のエリアです。区内には京浜急行本線・横浜市営地下鉄・JR根岸線の3路線が通っています。上大岡駅周辺及び港南台駅周辺に商業地が形成されており、港南中央駅周辺には官公庁が集中しています。特に上大岡駅周辺のエリアは、横浜市の主要な生活拠点として位置付けられ、再開発事業が積極的に行われてきました。
上大岡駅は、京浜急行本線と横浜市営地下鉄のブルーラインが乗り入れており、交通結節点として主要な駅となっています。また横浜南部地域の中でも最大のバスターミナルもあります。1990年代から駅前は大きく変化し、A地区からC地区までの再開発事業が完了し、オフィスタワーや商業施設が立ち並んでいます。港南台駅はJR根岸線の駅であり、駅前には港南台タカシマヤをはじめ、港南台バーズなどの大型の商業施設が集積しています。
このように再開発の進んだ港南区ですが、一方で伝統の地場産業も健在です。横浜は国内有数のスカーフの産地として知られていますが、港南区日野には、50年の歴史ある吉原産業が伝統ある捺染業にこだわり続けています。
また、横浜港南台商店会が取り組んでいる「港南台テント村」では、フリーマーケットやイベントが地域ボランティアや地元のNPOにより開催され定着してきました。港南区では、地域で子育てを支援してくれる場がいろいろあります。「ちゅーりっぷカフェ」ではお茶を飲みながら先輩ママの話も聞けるので、新米ママもひと息つくことができ、まちぐるみで子育てを楽しんでいます。港南区の地域子育て支援拠点「はっち」では、木の温もりのある室内で、スタッフが育児などの相談にのってくれます。おもちゃや絵本もたくさんあるので、親子で利用できます。外に目を向けると、こどもたちがのびのびと遊べる公園も多く、港南台中央公園はおすすめです。
また、港南区はなだらかな丘陵が多く、天気の良い空気の澄んだ朝には、高台の公園や住宅地から富士山がよく見えます。絶景ポイントがいくつかありますが、そのひとつ、「鍛冶ヶ谷南公園」からは富士山の裾野から箱根、丹沢の山々まで一望できます。

ふるさと港南事業の取り組み

港南区では、ふるさと港南のまちの魅力を再発見するさまざまな取り組みを行っています。そのひとつとして、日野川遊歩道の整備事業があります。安心安全な環境、幅広い世代が楽しめる空間や緑や花を中心とする季節感のある景観の創出を掲げ、遊歩道ゾーン、広場・親水ゾーンなどの空間づくりと取り組んでいます。また、“横浜ならではのお菓子”プロジェクトが進み、港南区の食材、蜂蜜とたまごを使って、横浜のパティシエにより地域ブランド「よこはまおやつ」が生まれました。さらに、地産地消の推進、つながりづくりなどを目的に、港南区産の野菜直売会として「ビタミン満菜市」の開催や農体験「ビタミン満菜農園」に取り組んでいます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事