• 2015/09/01
  • PR

緑あふれる暮らしやすい街「横浜市緑区」の魅力

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Yokohamashimidoriku01

横浜市緑区は横浜市の中でも農業が盛んで、かつ交通の便にも優れた立地です。独創性と住み良いまちづくりを目標とする区政の取り組みや、バス・電車・車などの交通網についてなど、本記事では緑区の住みやすさについて焦点を当てて説明していきます。

横浜市緑区は神奈川県南東部に位置し、鶴見川に添うような南北に細長い形が特徴です。区内を走る路線は主に、東神奈川と八王子をつなぐJR横浜線と、横浜市営地下鉄グリーンライン、東急田園都市線の3つで、主要駅は長津田駅・中山駅の2つです。この内、グリーンラインは全駅ホームドア設置済み、2015年時点で無事故、かつ乗車員数も増加傾向にあります。横浜市営バスや相鉄バス、東急バスといったバス路線も乗り入れており、緑区内の全駅にバス停が設置されています。
区内には東名高速道路に乗り入れる横浜町田ICがあり、都心・横浜・県内への交通網が充実。近隣の都筑区には大型商業施設、旭区には「ズーラシア」の愛称で知られる「横浜市立よこはま動物園」があり、地元内外を問わず観光地として知られます。港北区の横浜アリーナではアーティストによるライブ開催などもあり、日本全域から多くの人が集まることも珍しくありません。
緑区の運営方針の中で「安全・安心、みんなにやさしいまちへ」を基本目標として掲げています。「安心安全なまち」「いきいき暮らせるまち」「みどりの魅力あふれるまち」の3項目に分けて活動を行っており、災害対策や緑化計画も盛んです。
区民の安心安全を目標に、防災マップの全戸配布やペット防災手帳の活用、防犯灯のLED化が積極的に進められています。「いきいき暮らせるまち」を目指す取り組みとしては、75歳以上でひとり暮らしの高齢者宅への訪問や、地域支援センターの活性化が一例です。2011年時点で、介護施設カバー率も全国平均より約2%高い4.9%と、高齢者へのサービスも豊富です。
緑区の緑被率は、2009年時点で全体の42.8%を占め「四季の森公園」や「新治市民の森」「三俣市民の森」「玄海田公園」といった大規模公園が点在しています。農業への取り組みも盛んで、栽培面積は横浜市内で第2位となっており、区内にある52を超える直売所では、浜なしや梅、トマトや筍、卵などが販売されています。
緑区内の商店街は「緑区情熱商店街」と呼ばれ、8を超える商店街、300以上の店舗が加盟しています。独自に立ち上げたwebサイトでは、店舗でのイベントや自治会で行う祭りなど、催しものに関する情報の告知を中心としたコンテンツです。

交通面でもより便利になる緑区の今後

2008年のグリーンライン開業に伴い周辺地域の都市開発化も進み、商業施設数も増加中です。そして隣接する区にある港北ICは、2016年に開業予定の横浜環状北線とつながるため、羽田空港へのアクセスがより便利になるのでは、と期待を集めています。地価は過去10年ほぼ横ばいですが、2014年から2015年にかけては、今後の都市開発が期待されるためか約1%上昇しており、全国約1900の市町村内で約100位です。2013からは「個性ある区づくり」にも取り組んでおり、公園維持やスポーツセンター設備の拡充、イルミネーションによるライトアップといった計画のもと、区の魅力がより高まると見られています。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事