• 2015/09/01
  • PR

博物館好きと巨人ファンにおすすめなのは、川崎市多摩区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kawasakishitamaku01

川崎は7つの区からなる市で、多摩区はそのうちのひとつを担っています。明治大学・専修大学・日本女子大学の3つの大学があるため、学生が多いのが特徴です。区内にはB級グルメとして親しまれる飲食店が多数のれんを掲げ、住民の心を掴んで離しません。広大な敷地を有する公園や緑地、またレジャー施設や博物館なども多く、自然と融合したまちづくりが進んでいます。

およそ21万5千人の人々が生活する、川崎市多摩区、多摩川を渡った先はすぐ東京都で、新宿や渋谷、大手町などの都心エリアに出やすいのがメリットです。神奈川県内では麻生区・宮前区・高津区、東京都では世田谷区・調布市・狛江市などと隣接しています。
主要駅は「登戸駅」と「向ヶ丘遊園駅」です。
B級グルメと呼ばれ親しまれている飲食店も双方の駅周辺に集中し、学生や若者の姿が多く見られます。
登戸駅前には大型ショッピングビルなどが立地。学生が多いのが特徴です。
向ヶ丘遊園駅前は比較的のどかな街並みが続いています。
特産物は「多摩川梨」が有名です。
果樹園ではもぎ取り体験を実施し、地域交流にも一役買っています。
近年では「のらぼう菜」というアブラナ科の野菜の栽培に力をいれており、多摩区の新しい特産品として広めていくのが目標です。
また「よみうりランド駅」近くの「読売ジャイアンツ球場」には、他の地域からも野球好きが多く訪れます。
読売ジャイアンツ(巨人)の選手の練習風景を見ることもできるため、巨人ファンにはたまらないスポットとなっているようです。
区内では複数の公園や緑地を整備して少年野球場を設け、野球を練習するのに適した環境が用意されています。
交通面はJR南武線と小田急線が主となり、同時に京王電鉄相模原線・JR武蔵野線も運行。
登戸駅はJR南武線と小田急線が乗り入れる、乗換駅としての役割も果たします。
向ヶ丘遊園駅は小田急ロマンスカーの「はこね号」と「さがみ号」の停車駅なのが強みです。
多摩区は広大な緑地や公園をいくつも有しており、休日には家族連れなどで賑わいます。
歴史の古い公園も多く、2002年に閉園となった向ヶ丘遊園を継いで運営されている「ばら苑」や、江戸時代の古民家などを移築した「日本民家園」などがその代表です。
ばら苑や都市公園である生田緑地は、敷地内にさまざまな展示物や施設を有しており、地域の方のなじみの場所にもなっています。

子どもから大人まで楽しめるスポットが満載な多摩区

最後に、多摩区外でも知名度の高い「よみうりランド」について紹介したいと思います。よみうりランドは、川崎市多摩区と稲城市にまたがって位置し、安定した人気を博す遊園地です。敷地内には遊園地の他に、プールやスーパー銭湯、ゴルフ練習場、スカイシャトル(最寄りの「よみうりランド駅」から乗車できるゴンドラ)なども完備されています。さらには「ジャイアンツタウン」というゾーンも存在します。先にもあげた読売ジャイアンツ球場や練習場、選手の寮などがあり、選手とファンの交流の場にもなっています。多摩区は自然も豊かで博物館や複数の大学があるなど、こどもの教育にも便利な環境が整っています。都心からは少し外れ、落ち着いた和やかな空気が流れているのも魅力です。のんびりとした暮らしが好きな方には、ぜひおすすめしたい地域のひとつです。

任意

神奈川県で探す子育て環境も教育も充実した住みたい街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事