• 2015/09/01
  • PR

自然と共存する町、相模原市の魅力

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Sagamiharashiminamiku01

首都圏南西部に広がる神奈川県相模原市は「日本一魅力あるまち さがみはら」を目指し、日々進化を遂げている地域です。ここでは今積極的に地域の魅力を発信している相模原市南区の特長や隠れた魅力について紹介していきます。

相模原市南区は市内最東部に位置し、東京都町田市や八王子市、西多摩郡、山梨県上野原市に隣接する区です。神奈川県の人口723,838人のうち277,636人は相模原市南区の人口になります。充実したアクセス環境から、ベッドタウン的な性格を持ち他区と比較して人口密度が高く、人口も増加傾向にある街です。
南区を通る主な鉄道については、横浜からは横浜線、都心からは中央線や京王線、小田急線があります。
相模原市には1800年代から伝えられている凧文化があります。祭でも親しまれる文化ですが、その「相模の大凧揚げ」の文化の保存と継承の為に「相模の大凧センター」が南区にあり、展示室では相模原の歴史を感じられます。
また、相模原市南区では帆かけ船の復元実演会も開催され、平成27年で30回目の開催となりました。相模原市南区の川と共に流れ、栄えてきた時代と文化には目を見張るものがあるでしょう。
次に南区の観光スポット、レジャー施設についてですが、「あゆ川」とも呼ばれる相模川とその左岸に植えられている芝桜が代表的です。春、その芝桜が彩る距離は1,400mととても長く、平成27年現在、日本一を誇る距離となっています。
また、南区南部にある木もれびの森は、かながわの美林50選にも選ばれており、ハイキング等も楽しめます。
重ねて、ふれあい動物公園や相模大野もんじぇ祭が開催される相模大野公園は、広い世代の人々が楽しめる場所なのではないでしょうか。
相模原市推奨銘菓として栗、梅を使った洋風の焼き菓子「あじさいの夢」や、「相模の娘」というチーズ風味の洋風和菓子が有名です。また、相模原市南区の名産品には、地酒も挙げられます。酒造の所在地は隣区ですが、相模原市南区でも楽しめる地酒に巌乃泉や相模灘があり地元の方にも大変人気です。

「日本一 魅力あるまち さがみはら」

相模原市南区がたくさんの魅力に溢れていることはご理解いただけましたでしょうか。大凧などの歴史、文化に富み、「かながわの美林50選」にも選定される程の自然が程よく混じり合う町です。重ねて、中心街へのアクセスも良く、このような環境を持ちながらも地域住民の生活、環境をよりよくしようという動きがあります。相模原市南区は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックのキャンプ地になってします。外国選手団の誘致を積極的に行う等、観光振興にも力を入れています。地域住民のための街づくりを強く推進しているのでしょう。医療福祉の充実・教育の推進・働く女性の応援など地域に根差した行政を知ると、これからの相模原市南区に期待が込められます。

任意

神奈川県で探す子育て環境も教育も充実した住みたい街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事