• 2015/09/01
  • PR

自然と伝統が根付き暮らしやすさを感じられる街、座間市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Zamashi01

神奈川県座間市には歴史あるイベントや「座間八景」の名で親しまれる名所があります。また公的制度や交通面でのさまざまな取り組みも市民にとって恩恵が大きいものです。本記事では座間市での暮らしやすさや根付いている伝統・文化、市民に愛される自然環境について解説を進めます。

座間市は神奈川県北部のやや東寄りに位置する都市で、西には相模川が流れ、東には相模平野が広がる立地です。市内にある駅は相武台前駅、座間駅、入谷駅の3駅で、小田急小田原線と相模線の2路線が利用可能です。主要駅は座間駅ですが、隣接する区にある相武台下駅やかしわ台駅、さがみ野駅や小田急相模原駅など徒歩圏内の駅もあります。
神奈川中央交通や相鉄バスなどのバス路線は全5路線あり、ザマフレンド号の愛称で呼ばれる座間市コミュニティバスは試行運転開始後、本格運行が進められている最中です。
座間市北部には「米軍キャンプ座間」があり、市政としては基地対策にも取り組んでいます。騒音や安全保障条約などについて質問や意見を集める窓口も設けられており、苦情件数や交渉状況の報告を明示するなど、対策結果及び内容の視覚化も進められている状況です。
東原さくら公園や富士山公園など市内には40を超える公園があり「かにが沢公園」「芹沢公園」「県立谷戸山公園」「座間公園」の4つは座間八景に含まれるほどの景観で有名です。他には「相模川」や「市庁舎から見える景観」が座間八景として選定されています。
また、200年以上の歴史を持つ「座間市大凧まつり」は毎年5月に開催されており、舞台となる相模川グラウンドには県外からも人が集まるほどです。大凧の重さは1t以上あり、描かれる文字は毎年異なります。大凧だけでなく、屋台やフリーマーケット、特産品の販売なども多くの客を集める人気のイベントです。スポーツ施設としては「スカイアリーナ座間」や「グリーンタウンゴルフクラブ」があり、スカイアリーナ座間では予約すれば個人でもバレーボールコートや柔道練習場、33種類の機器を使ってのトレーニングなどが行えます。一般利用だけでなく、座間市在住のボクシング選手が出場するタイトルマッチも過去に開催され、王座獲得の舞台となったこともあります。
スカイアリーナ座間の横には「大阪台公園」があり、10を超える大型木製アスレチックや走り回れるグラウンドが設けられています。

魅力あふれる座間の街

座間市の魅力は他にも色々あります。市政が用意している制度として、中学生の子どもが入院した際の助成金交付、自殺予防ツールの「こころの体温計」、0歳の入院・通院にかかる医療費助成制度など、市民が利用できる制度はさまざまです。障がいを持つ人や介護が必要な人に必要な日常用具の給付制度を利用すれば、用具類の購入費用を1割程度に抑えることも可能です。また、養護学校に通学する子どもを対象にした無利子の奨学金制度もあります。座間市民憲章の中で「自然や文化、伝統を生かした明るい街づくりを目指す」と誓っている通り、自然・レジャー・伝統・文化が根付いた街であり、それと同時に市民への手厚い制度が特徴的な街と言えるでしょう。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事