• 2015/09/01
  • PR

日本初の公園都市(パークシティ)を目指す岐阜県各務原市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kakamigaharashi01

岐阜県各務原市は恵まれた自然環境と街の快適な都市機能を融合させる、日本初の公園都市(パークシティ)の実現を目指しています。今まで環境や景観、自然共存を評価する賞をいくつも与えられており、中でも「緑の都市賞」では内閣総理大臣賞を受賞しました。また市街を流れる新境川の両岸には市民に「百十郎桜」と呼ばれ親しまれている桜並木が続いています。この桜並木は市民の手によって守られ、さらに桜回廊都市計画が進められているのです。このように美しい景観を大切にする各務原市の魅力をご紹介致します。

岐阜県各務原市は岐阜県の南部に位置し、市の南部を走る木曽川は愛知県との県境になっています。大部分が各務原台地であり、水はけが良すぎるために稲作には向きません。街の発展は江戸時代の五街道のひとつ、中山道の宿場町として栄えたところから始まりました。その後も名古屋市や岐阜市のベッドタウンとして発展を遂げてきました。
各務原市の中心部には30mを超えるユリノキの大木や櫻坂など豊かな自然が広がっています。都市の利便性を図るために都市計画道路の設営計画がありましたが、この道路は緑を分断するものだったので廃止しました。代替案と差し替えて理想の都市の形を目指しています。公園都市(パークシティ)と呼ばれる都市化は日本初の試みです。自然と街の利便性の融合した豊かな暮らしが実現する街を目指しています。
現在はJR高山本線と名古屋鉄道各務原線・犬山線の駅が設置されており、岐阜市や名古屋市へのアクセスとして利用されています。東海北陸自動車道も通っているので太平洋側、日本海側どちら側へもアクセス可能です。
各務原市は航空機産業と飛行実験の街としても有名です。現存する中では日本で一番古い歴史を持っている飛行場の岐阜基地があります。また付随して、日本では数少ない航空機製造工場が近くにあります。戦前戦後の航空機の歴史などに触れられる「かかみがはら航空宇宙科学博物館」では、古きを知り、そして最新技術を体感できます。
都市に隣接しながら農作物を栽培出荷する、都市近郊農業も盛んです。中でもニンジンは各務原市の特産品として有名です。各務原市はニンジンの二毛作を実施。通年に渡って質のいいニンジンを出荷しています。また、姉妹都市である韓国春川市とタッグを組み、各務原キムチが生まれました。このような特産品の開発やブランド化に力を入れ、消費拡大を図っています。
2015年からは10年計画で各務原市総合計画がスタートしています。取り巻く状況の変化の中、市民一人ひとりが「幸せ」を実感できるように、対話を中心としたまちづくりをしています。これにより今一度、市民全体で住み良い環境を整えていこうというのが各務原市です。

市民全体でまちづくりに取り組む各務原市

各務原市は豊かな自然を市民の触れやすい環境化に置き、自然と暮らしが融合した、そして利便性をも併せ持つ、新しい形の都市を目指しています。公園都市(パークシティ)と呼ばれるような都市の実現化に、市民全体で取り組み、また市民発信で桜回廊計画に取り組んだりと、町づくりに対する意識が高い都市です。1200本の桜がつくる桜並木は「百十郎桜」と呼ばれ日本さくらの会選定「日本さくら名所100選」に選ばれるほどです。他にも農産物、航空技術を含め、日本トップレベルの取り組みが実施されています。その実現の近道として市政が掲げているのが市民との対話です。市民全体の声を聞くことで市を上げてのまちづくりに取り組んでいます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事