• 2015/09/01
  • PR

歴史的で文化的な可児市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kanishi01

岐阜県可児市は、明智光秀や森蘭丸など歴史的な色合いが濃い地域でありながら、世界的なバラ園のある「花フェスタ記念公園」や文化センター、歴史館などの文化的な色合いを持つ市です。それでは、岐阜県可児市の特徴やスポットについて紹介していきたいと思います。

可児市は岐阜県と愛知県との境に位置し、名古屋市からは約30kmのためベッドタウンとして発展してきた地域です。
そのため基本的にはJR太多線か名鉄広見線を利用する人が多く、他にもコミュニティバスや路線バスなどが交通網として利用されています。
可児市は盆地になっていることから、気温が上がりやすいですが基本的には普通の日本の気候と変わりはありません。
ベッドタウンであることや、自然が豊かであることから人口は約10万人で徐々に増加傾向になっています。
ベッドタウン的な発展の仕方をしてきてはいますが、市としては自動車産業がメインとなっており、自動車部品の下請け工場が多いです。
このことから、外国人労働者も多くなっており、国際都市としても知られています。
人口増加に伴い少子化社会には珍しく、中学校や小学校が分裂して増えてきている他、図書館や移動図書館、歴史館や資料館、文化センターなどの文化施設も豊富です。
特に歴史的な色合いが濃く、国の史跡に指定された長塚古墳や美濃焼の原型とされる須恵器が発展していた経緯、森蘭丸や明智光秀などの誕生地であるなどさまざまな歴史を持っています。
祭りは子供を授けてくれたり、子供の無病息災を祈る子守り神社大祭や無形民俗文化財に指定されている白鬚神社大祭、からくり人形や獅子舞などが行われる久々利八幡神社大祭など多くの祭が執り行われています。
レジャーは地形を生かしたゴルフや花フェスタ記念公園の約7000種類・3万株のバラ園、歴史に触れられるだけでなくバーベキューやアスレチックが楽しめる蘭丸ふる里の森などがあります。
また、街の文化活動を推進するために作られた可児市文化創造センターは演劇や音楽などをメインにさまざまな文化活動が行われる拠点です。
可児市には公立の病院がないため、医療機関は救急指定病院になっている地域医療機能推進機構可児とうのう病院が主体となっていることが多く、中核病院として位置づけられています。
この他に医療法人馨仁会が運営する藤掛病院や医療法人慶桜会が運営する東可児病院などがあるため、公立病院がなくても中核病院が2件あるため安心です。

心豊かな活力とうるおいのある住みよいまちがキャッチコピー

このように文化や歴史に奥が深い可児市は、どちらか一方に偏ることはなく文化や歴史の活動を促進しています。人口増加に伴い、徐々にショッピングセンターやカフェなども建てられ、自然の豊かさと都会感がうまくマッチしています。これは名古屋市のベッドタウンとして発展してきたことに由来しており、そのおかげもあってか閉鎖的な空気がありません。可児市がかかげている「心豊かな活力とうるおいのある住みよいまち」というキャッチコピーの通り、住みやすさには定評があり、福祉にも力を入れているため、老若男女が住みやすい街になっています。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事