• 2015/09/01
  • PR

浜名湖東岸に位置する観光業で賑わう浜松市西区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Hamamatsushinishiku01

浜名湖の東岸に位置している浜松市西区は景勝や温泉などがあり、観光業が盛んです。浜松市の郊外であるため、自然が豊かで農水産業も盛んです。それでは早速浜松市西区の特徴やスポットなどを紹介していきたいと思います。

浜松市西区は浜松市の中で3番目に大きい区で、先述した通り浜名湖の東岸に面しています。
区を8つの地域(庄内、入野、神久呂、篠原、伊佐見、舞阪、和地、雄踏)に分けており、人口は約11万人です。
新興住宅地も増えてきているため緩やかに人口が増加しています。
浜名湖に面していることや、自然が豊かなため、観光業や農水産業が主な事業です。
舘山寺温泉や弁天島温泉、フラワーパークや浜名湖ガーデンパーク、たまねぎやしらす、とらふぐやブランドとして売り出しているうなぎ、花ではガーベラなどが有名です。
特に志都呂地区は大型商業施設ができたことに伴い、飲食店や娯楽施設が多く作られるようになり、より商業の街として活発な成長を見せております。庄内地区は動物園やフラワーパークなどの観光施設を作り賑わいを見せています。
国道やインターチェンジなどの交通拠点があり電車やバス、自動車などの移動手段が多いのが特徴で、その交通拠点が地域の発展を支えています。
そのため、交通整備がよく行われ、交通に関する問題点を解決していくことに積極的です。
この他にも佐鳴湖公園や古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 (ToBiO)、雄踏文化センターなど文化施設も揃っているため文化的な活動やスポーツなども可能です。
西区の平均年齢は40代前半のため、児童数も比較的多く、幼稚園や小学校、中高と学校の数も多く、大学も光産業創成大学院大学の1校があります。医療面においては法人社団一穂会が運営する西山病院、特定医療法人社団松愛会の松田病院、湖東病院、中西整形外科医院などが大きな病院となっています。
助成金は不妊治療に関する助成や創エネ・省エネ・蓄エネなどに関することなどに対する助成、心身に疾病や障害がみられる人の医療費を助成する心身障害者医療費助成制度などさまざまなことに取り組んでいる区です。
「産業・文化・自然・区民の個性が輝くまちを目指します」というキャッチコピー通り、区民の安心安全を守っていることが伺えます。

観光スポットが豊富な街

浜松市西区はこの他にも、浜名湖パルパルという遊園地や内浦を横断することのできるかんざんじロープウェイ、浜名湖ガーデンパークや渚園などがあり、多くの観光スポットが存在します。観光地としての賑わいを見せる一方で「魅力多彩 個性輝く 西区」というキャッチコピーをあげて保健事業や福祉事業、食育、健康力アップ啓発事業などさまざまな事業で区民をサポートする住みやすい街を作っていこうとしています。また、天竜川があることから水が美味しく、自然も豊富なため空気も美味しいです。このような特色のある街のため、住みやすさもあり今後も発展が期待されている地域です。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事