• 2015/09/01
  • PR

尾張名古屋の歴史が感じられる「東区」の魅力!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nagoyashihigashiku01

名古屋市東区は、名古屋市内の中でも、最も歴史を感じられるエリアのひとつです。さらに大型のレジャースポットも完備している区内には、他の地域からも大勢の人が訪れます。東区の観光・レジャー情報など、まとめてご案内しましょう。

名古屋市東区は、市の行政区16区のひとつであり、面積7.7km²と、市内で最も小さな区域となっています。
名古屋市の公式ホームページによると、2015年7月1日時点における、名古屋市東区の人口は76,024人、世帯数40,142世帯となっています。
名古屋市東区は、歴史をさかのぼると、武家屋敷の拠点となっていたため、歴史的な名所旧跡が多く、今日に至るまで大切に保存されてきました。また、尾張徳川家との縁が深い土地であることから、東区の東部にある「徳川美術館」や「蓬左文庫」には、貴重な徳川家ゆかりの品々や古書が展示・保存されています。
東区の中央エリアにあたる白壁町や主税町周辺は、名古屋市の街並み保存地区として指定されており、武家屋敷の風情をそのまま現代に伝える黒塀のお屋敷が並んでいます。東区白壁一丁目には、国の重要文化財である「名古屋市市政資料館」もあり、東区が歴史上重要な地域であることを物語っています。名古屋市東区には、名古屋の代表的なレジャースポット「ナゴヤドーム」「愛知芸術文化センター 愛知県芸術劇場」や、名古屋最大の繁華街である栄に隣接する大規模なショッピングエリア「オアシス21」もあり、大変便利な生活環境も整っています。
名古屋市東区の賃貸マンションやアパートは、月々の家賃相場は7万円台からとなっています。間取りについては、1R~1LDKのものが、最も物件数が多く、月額の家賃は平均7.2万円です。少し広めの間取りになると、2K~2LDKの物件で、月額の家賃は平均9.6万円となっています。ファミリー向けの物件として、3K~3LDKの場合には、月額の家賃は平均11.6万円、4K以上の大型物件の場合は、月額の家賃は平均17.6万円となっています。
分譲向け新築マンションに関しては、賃貸物件と比較すると物件数は限定的ではありますが、「東区東桜」や「東区泉」・「東区白壁」など人気のエリアにも提供されています。
土地や新築一戸建ての物件については、東区内のJR線や地下鉄の各駅を中心に、広い範囲で物件が販売されていますので、希望の予算と間取り・居住区域・学区を考慮して、早めに現地を見ることをおすすめします。

市民の憩いの場「名古屋市東スポーツセンター」

本格的に各種スポーツをされたい方は、地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」駅からすぐのところにある「名古屋市東スポーツセンター」がおすすめです。市バスや日本初のガイドウェイバス・ゆとりーとラインでもアクセスできます。センター内には、子どもから大人まで利用できる4種類の屋内プールのほか、トレーニング室、競技場、弓道練習場、会議室などが完備しています。各競技場やスポーツ広場では、バスケットボール・バレーボール・バドミントン・卓球・テニスといったスポーツのほか、剣道や柔道などもでき、大勢の方が集まりリフレッシュしています。

任意

合わせて読みたい名古屋市の住みやすさ

【ファミリーで家探し】住みやすい街はどこ?子育て環境が充実した街まとめ

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事