• 2015/09/01
  • PR

便利で閑静な住宅街「瑞穂区」に住んでみませんか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nagoyashimizuhoku01

名古屋市瑞穂区は、名古屋市内でも有数のスポーツセンターや、さまざまな文化施設が整備されている街です。瑞穂区の閑静な住宅街にマイホームを持ち、時間的にも精神的にもゆとりを感じられる暮らしを実現するチャンスをつかんでみませんか?

名古屋市瑞穂区は、名古屋市の中東部に位置しており、2015年7月1日時点において、総人口105,212人、総世帯数48,591世帯を擁する街です。(人口・世帯数に関しては名古屋市公表値)
瑞穂区の面積は11.22km²にわたり、区の西部は、精密工業、近代窯業、金属加工業が発達している産業地域となっています。
瑞穂区の中心部には、南北に瑞穂通が走っており、瑞穂通より東側にある丘陵地には閑静な住宅街が広がっています。
瑞穂区のほぼ中央のエリアには、名古屋市内でも最大級の総合運動公園「パロマ瑞穂スポーツパーク」があり、公園内には、スタジアム、陸上競技場、ラグビー場、野球場、レクリエーション広場、屋内プールなど、数々の本格的な施設が完備しています。
また、公園内には、「区の花・区の木」である桜の名所としても名高い「山崎川」が流れており、自然豊かな環境となっています。
瑞穂区は、文化や教育関連施設も多く、名古屋市博物館、東山荘庭園、縄文時代の遺跡で国指定史跡となっている「大曲輪貝塚(おおぐるわかいずか)」などが代表的な例として挙げられます。
名古屋市瑞穂区内の賃貸物件情報に関しては、1R~1LDKの間取りで、平均家賃は月々5.5万円、2K~2LDKの間取りで、平均家賃は月々7.9万円、3K~3LDKの間取りで、平均家賃は9.9万円、4K以上の間取りで、平均家賃13.6万円となっています。
瑞穂区内の新築一戸建てや土地に関しては、区内の主要な駅周辺を中心に、3LDKや4LDKの物件が出されています。例えば、地下鉄名城線「瑞穂運動場東」駅の4LDKの物件は、3000万円台から5000万円台、5LDKの物件であれば、8000万円台となっており、地下鉄名城線「妙音通」駅の4LDKクラスの物件は、4000万円前後、地下鉄桜通線「新瑞橋」駅の4LDKクラスの物件は、6000万円前後となっています。
瑞穂区内の新築マンションに関しては、2LDKや3LDKの駅近物件が中心となり、随時販売されています。価格帯に関しては、3000万円台や4000万円台が中心ですが、全体としては2000万円台から6000万円台となっています。

交通アクセスも便利な「瑞穂区」!

瑞穂区内の交通アクセス網としては、市内を運行する名古屋市営地下鉄だけでなく、名古屋市外からも名古屋鉄道経由でアクセスしやすい鉄道路線が充実しています。したがって、瑞穂区内には高校・大学も多いことから、昼間は区内や周辺の自宅から学校に通う学生さんが多い街となっています。瑞穂区内の高校としては、公立や私立の高校が合わせて7校あり、愛知みずほ大学瑞穂高等学校、享栄高等学校、愛知県立昭和高等学校、愛知県立瑞陵高等学校などが挙げられます。大学に関しても、瑞穂区内には、名古屋市立大学の3カ所のキャンパスに加え、愛知みずほ大学、名古屋女子大学といったキャンパスが広がっています。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事