• 2015/09/01
  • PR

熱田神宮がシンボルの街、名古屋市「熱田区」の魅力とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nagoyashiatsutaku01

熱田神宮の神聖な空気感と自然が豊かな熱田区について、ご紹介していきます。交通機関や住まい情報・ショッピングエリアに至るまで、熱田区の主要スポットや生活に必要な情報について、まとめてお伝えしていきましょう!

名古屋市熱田区は、市内の中心部からやや南方に位置しており、総面積は8.20km²のエリアです。
名古屋市の公表値によると、2015年7月1日時点における総世帯数は31,166世帯、総人口は65,339人となっています。
もともと、江戸時代には「宮の渡し」があったことから、今では、宮の渡し公園内に「七里の渡し船着き場跡」が残るなど、東海道の宿場町として栄えていた名残が感じられる歴史ある街です。
熱田区内には、名古屋鉄道(名鉄)神宮前駅からすぐの「熱田神宮」をはじめ、白鳥古墳、高蔵貝塚などの遺跡も点在しており、歴史的・文化的に重要なエリアとなっています。
公共交通機関に関しては、JR東海道本線や名鉄本線に加え、地下鉄名城線及び名港線が発達しており、名古屋市内各所へのアクセスも便利な街となっています。観光スポットや生活関連の主要施設に移動する際には、市バスや名鉄バスも便利です。
名古屋市熱田区には、デザイン都市としての名古屋のシンボルとして、名古屋国際会議場もあり、国際交流の場や、国際会議、コンサート等に利用されています。
名古屋市熱田区周辺には、賃貸マンションを中心とした賃貸物件の賃料を間取り別に見ると、1R~1LDKで平均5.8万円、2K~2LDKで平均7.3万円、3K~3LDKで平均8.5万円、4K以上で平均10.6万円となっています。
新築の分譲マンションについては、地下鉄名城線「伝馬町」や地下鉄名港線「六番町」周辺に、次々と新たな物件が建設されています。
中古マンションに関しては、駅近の物件提供数は豊富にあり、間取りや築年数にもよりますが、多種多様なニーズに応えられるほどです。
将来の予定や家族計画について考えながら、ライフステージに合わせた住まい選びの参考にされてはいかがでしょうか?

熱田区の人気カフェも必見!

熱田区の観光や住まい探しをした後に、人気のカフェでちょっと一息入れてみませんか?金山駅近くにある「海老御菓子處 桂新堂 本店」では、有名なえびせんべいだけでなく、かき氷など季節のスイーツとお茶を楽しめます。熱田区の堀川沿いにあるガレットの美味しいお店「キチカ」では、ランチやディナーもいただけます。洋風のオシャレな店舗内の雰囲気も人気です。「白鳥庭園汐入亭」は、美しい庭園を眺めながら、各種スイーツとお茶がいただけるので、ゆっくりとくつろぎの時間を過ごすのにおすすめです。季節限定のスイーツメニューもありますので、ぜひお試しください。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事