• 2015/09/01
  • PR

古代の歴史と緑を堪能できる「名古屋市南区」!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nagoyashiminamiku01

名古屋市南区は、明るい太陽のイメージの象徴「ひまわり」を区の花としている名古屋市南部の街です。区内には、史跡・名所に加え、多くの公園も整備されており、ゆったりとした都市生活を満喫できるエリアともいえるでしょう。周辺情報も合わせて南区の特色を中心にご紹介していきます。

名古屋市南区は、市内の南部に位置しており、その面積は約18.46km²を占めています。南区の西側には港区が隣接しており、北側は熱田区と瑞穂区、東側は天白区と緑区に囲まれています。
南区の地形的な特徴としては、東側に広がる丘陵地帯と、西側に広がる平坦地に二分されている点があげられます。
南区内の公共交通機関に関しては、区内を南北に走っている鉄道、名鉄名古屋本線・名鉄常滑線・名鉄築港線や、JR東海道本線に加え、名古屋市営地下鉄桜通線が整備されており、路線バスに関しても、名古屋市内を運行する名古屋市営バスが巡回しています。
区内の主要道路に関しては、高速道路・名古屋高速3号大高線に加え、国道247号線などが整備されており、南区の近隣地域への車でのアクセスも便利です。
名古屋市南区の公式ホームページによれば、平成27年7月1日時点の推計人口は136,337人、世帯数は61,481世帯となっています。
南区内には、病院や保育園といった施設も豊富で充実しています。総合病院や小児病院を含む病院施設に関しては、区内において約150件あります。保育園に関しては、愛知県の自治体別平均値を、若干上回る19カ所の施設が整備されているため、子育て世代の家族にとっても、比較的恵まれた環境だといえるでしょう。お子様とのふれあいの場である公園に関しても、区内には「笠寺公園」など30カ所以上整備されているため、身近な公園に足を運び、のびのびと家族で楽しいひとときを過ごせそうです。
区内には、賃貸物件・新築一戸建て・分譲マンションなど、多岐にわたってニーズに応じた物件の提供がなされています。
マンションやアパートを中心とした賃貸物件情報は、1R~1LDKの間取りの場合、月々の平均賃料は5.2万円となっています。また、2K~2LDKの間取りの場合には、月々平均6.6万円、3K~3LDKの間取りの場合には、月々平均7.2万円、4K以上の広い間取りの場合には、月々平均10.3万円が相場のようです。
新築一戸建ての物件については、価格帯は2000万円台・3000万円台が主流となっています。

貴重な古代ロマンが残る「南区」!

名古屋市南区が位置するエリアは、縄文時代や弥生時代にさかのぼると、ほとんどが海であったことが知られています。南区の東部区域に広がる笠寺台地一帯には、縄文時代から古墳時代に至るまでの歴史を刻んだ数々の遺跡も残されています。なかには、最古とも言われている旧石器時代の石器も発掘されており、「見晴台考古資料館」において大切に保存され、時には館内にて公開されます。さらに、笠寺台地周辺は、平安時代から室町時代にかけても、「笠寺観音」を中心として、まちや集落が発達していた時期があったため、さまざまな時代の暮らしぶりをうかがい知ることができる遺品も発見されています。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事