• 2015/09/01
  • PR

サボテンと工業の街、春日井市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kasugaishi01

名古屋市の北部と隣り合う春日井市はベッドタウンとしても人気のある街ですが、その他にもさまざまな特徴をもっています。特産品である「サボテン」や「桃」は全国的にもよく知られていますが、多くの企業の工場が点在する「工業都市」でもあるのです。それでは春日井市の特徴や魅力をご紹介していきましょう。

春日井市の人口は約31万人、広さはおよそ92km²。市内には「二子山古墳」があり、古代よりこの地で人々が生活を営んでいたことがうかがい知れます。
南部には「庄内川」が流れています。上流には「玉野川渓谷」があり、豊かな自然に恵まれた名古屋近郊の観光スポットとして知られています。また市内に国定重要文化財が多いことも特徴のひとつです。年間を通じておおむね穏やかな気候であり、住みやすい都市であるといえるでしょう。
JR東海中央本線の「春日井駅」を中心に市街地が形成されています。その他の鉄道としては、「名古屋鉄道小牧線」、「愛知環状鉄道」が利用可能です。
春日井市はもともと軍需産業都市として発展してきた歴史をもちます。戦後は農業の奨励と工場誘致を目標とした市政を行い、1950年の「王子製紙春日井工場」の誘致をきっかけとして数々の企業が進出し、工業都市として歩み始めました。1950年代後半からは土地区画整理事業をスタートさせ「高蔵寺ニュータウン」の建設に着手、住宅都市としての開発が始まります。
市内にある主な企業は「パナソニック」「富士通」といった大手企業の関連会社です。また「トヨタホーム」などのトヨタ関連の工場も多数進出しています。
「高蔵寺ニュータウン」を始めとする住宅団地は主に市の東部に集中しており、JR東海、愛知環状鉄道の「高蔵寺駅」が最寄り駅です。郊外型の商業施設も多数進出しており、利便性が高く住みやすい環境が整っています。
市の名産といえば「サボテン」です。実生(みしょう)サボテンの生産は国内シェアの80%を占めています。サボテンを使った料理や関連商品は全国的にも有名です。毎年開催される「サボテンフェア」は多くの市民が参加し、大いに盛り上がる人気イベントです。ご当地キャラもサボテンをモチーフにしたデザインです。また平安時代の書道家「小野道風」の出身地でもあることから、道風の名を冠する和菓子なども観光土産として人気があります。

より住みやすい環境づくりをめざす

工業都市として市政をスタートし、住宅都市としても大きく発展を遂げた春日井市。今後の市政がめざすものは「より住みやすい環境づくり」です。名古屋市からほど近い立地条件を生かしたベッドタウンとしての機能は、まだまだ発展させる余地を残しています。古くから住む市民が高齢化を迎え、高齢化社会への対応も進めていかなければなりません。若い世代の誘致にも積極的です。「youtube」や「LINE」を活用し、市の魅力をアピールしています。また「子はかすがい、子育ては春日井」をキャッチフレーズとして、子育て支援センターを各地域に設置するなどの施策にも取り組んでいます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事