• 2015/09/01
  • PR

バランスのとれた産業の街 碧南市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Hekinanshi01

周囲を水に囲まれた、名古屋市からおよそ40kmに位置する碧南市。臨海地域には多くの企業が進出し、工業地帯を形成しています。その一方で農業も盛んです。加えて「鋳物」「醸造」などの伝統産業も営まれています。バランスのとれた産業に支えられた碧南市の特徴や魅力についてご紹介しましょう。

1960年代後半、市の西南に面した「衣浦港」を埋め立て、工業地域を造成したことから碧南市の発展が始まりました。1991年に中部電力の「碧南火力発電所」が完成したことをきっかけに、多くの企業が工場などの進出に乗り出したのです。現在の市内における工業事業社数は大小合わせて約380社。「トヨタ自動車衣浦工場」「日本金属工業衣浦製造所」など日本を代表する有名企業の工場も稼働しています。
市の中心部は居住地が占めています。人口は約7万人、面積はおよそ35万km²。比較的温暖な気候に恵まれています。市内を走る鉄道路線は「名古屋鉄道三河線」。同線の「北新川」駅・「新川町」駅・「碧南中央」駅・「碧南」駅の4つの駅が市内にありますが、特に「碧南中央」駅周辺は市役所や文化会館、碧南警察署など公共施設が多く、市の中心地を形成しています。
また市内を巡回する運賃無料のコミュニティバス「くるくるバス」が市役所を起点として運行されており、市民の足としてはもちろんのこと、観光客からも気軽に利用できる移動手段として活用されています。
観光スポットも市の魅力です。現存する醸造元としては日本最古とされる「九重味淋大蔵」、大正時代に建てられた鉄筋コンクリート製の建築物として、美しい外観が特徴の「旧大浜警察署」が代表的です。また、あじさいまつりで知られる「斎宮社」や徳川家康が武運を祈願したとされる「妙福寺」など、神社・仏閣も数多くあります。
農業も盛んです。市内には農地も多く、ニンジン、タマネギ、イチジクなどが栽培されています。タマネギは東海地方において第一位の産地としてその名を馳せています。またニンジンは「へきなん美人」というブランドが全国的に有名です。甘みが多く生食でも食べることができる、碧南市を代表する特産品として知られています。
伝統産業は「鋳物」と「醸造」が知られています。醸造では「みりん」と「白しょうゆ」が市を代表する特産品であり、とくに「白しょうゆ」は碧南市が発祥です。独特の香りが特徴で、全国の料亭などで使われています。

碧南市の掲げる今後の課題

近年の市の人口は、ほぼ横ばいの状態が続いています。高齢化、少子化の時代を迎えるにあたり、市の発展を担う次世代の育成は大きな課題です。碧南市では「住もまい碧南!」をキャッチフレーズに市民の定住を促進する施策を実施、住みやすさをアピールすることで若い世代を市民として迎え、市としてのさらなる発展を目指しています。保育園料を2人目は半額、3人目以降は無料にするなどの子育て支援や、中学校卒業までの通院、入院費用の助成、市指定のゴミ袋の年間80枚無料配布、市内に住居用の住宅を購入する際の費用の一部補助など、多くの定住者を迎えるための施策を実施しています。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事