• 2015/09/01
  • PR

歴史情緒あふれる街、犬山市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Inuyamashi01

犬山市は、「尾張の小京都」と言われるほど歴史のある街です。そのため、文化財や寺社仏閣やパワースポットなどもあります。自然や文化、歴史などにあふれた犬山市の産業や地域資源などを含めた浜松市北区の特徴や観光スポットなどを紹介していきます。

犬山市は、愛知県の最北端に位置し、岐阜県各務原市坂祝町、岐阜県可児市多治見市、小牧市、春日井市、扶桑町、大口町などと数多くの市町と隣接しています。市内の西半分は平地で東半分は山地になっており木曽川の堆積物によって犬山扇状地という土地ができています。
犬山市の人口は約74000人で世帯数は約3万世帯で、徐々に人口が増加傾向にあります。
「尾張の小京都」と称されるほど、歴史色が豊かで寺社仏閣が多いだけでなくそれによる観光産業が主要産業となっています。
主な交通手段は車になっており、この他に犬山駅を中心とした名鉄の駅やバスが存在しています。
歴史の街であることから、歴史的な祭りが多く、犬山祭りや鵜飼い、犬山市民芸能祭や犬山市民文芸祭など数多くのイベントが行われています。
このような文化的な側面が強い犬山市ですが、スポーツイベントも多く開催され、犬山国際友好シティマラソンやハーフマラソン、愛知県の市町村が対抗で行う愛知県市町村対抗駅伝競走大会などこの他にも色々なスポーツイベントなどがあります。
レジャーは、70種類の猿がいる日本モンキーセンターや遊園地である日本モンキーパーク、お菓子の城などさまざまなレジャー施設もあります。
学習施設や体育館、図書館も多く、文化的な色合いも濃く見られる街です。
教育面では、市費負担で少人数学級やチームティーチングの導入、独自の副教材作成などの取り組みを行い、学力向上を目指しています。
子どもの医療費助成制度などもあり、子どものいる家庭が住みやすい街です。
この他に、後期高齢者や精神障害者などの助成制度などもあり、充実した医療制度が揃っています。
名産は豊かな自然が育んだ桃やげんこつ飴、野山で育った自然薯などがあります。
ところてんやこんにゃく、犬山茶なども有名です。

歴史と住みやすさが融合する街

観光業だけが前面に押し出されているわけではなく、住民の暮らしやすさも考えられている街、それが犬山市です。車社会であることには間違いありませんが、観光業が盛んであるために岐阜や名古屋、小牧方面から電車でアクセスできるようにはなっています。また、買い物に困るということもほとんどありません。飲食店も多いため、一人暮らしの方や車がない方も住みやすい街です。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事