• 2015/09/01
  • PR

自然と共存する稲沢市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Inazawashi01

「自然の恵みと心の豊かさ 人が輝く文化創造都市」がキャッチコピーの稲沢市。そのキャッチコピーの通り、自然とうまく共存している姿が見えます。そんな稲沢市の特徴や観光スポットなどを紹介していきたいと思います。

稲沢市の人口は約13万人、約5万世帯が住む市で、野菜、植木・苗木等の産地として知られています。現在は、名古屋市に近いことから、ベッドタウンとして急速に発展し始めている市です。
農業なども盛んですが、このアクセスの良さから工業も盛んです。
稲沢市は愛知県の北西部、濃尾平野の中央部に位置しており、多くの村や町が合併しできました。
交通網はJR東海、JR貨物、名鉄(名古屋鉄道)の3つの鉄道が入り、道路もしっかり整備されています。
病院は稲沢市立の稲沢市民病院や糖尿病教室などを行っている稲沢厚生病院などが大きな病院です。
稲沢市自体も健康への取り組みとして、各種健康教室や相談会、健康診査、各種ガン診査などの事業を行っています。
稲沢市は新たなネットワーク拠点を作り出すために、旧国鉄稲沢操車場跡地とその周辺の約63haの開発を行い、豊かな自然のなかに違和感のないような、働ける場所や集まれる場所、遊ぶことのできる場所を作ろうと開発を進めています。
稲沢市のお祭りやイベントは12月を除いて毎月あり、さまざまなイベントを楽しむことができます。多くのイベントが歴史や寺社仏閣に起因します。それは、稲沢市は自然だけではなく、歴史もつながりの深い街だからです。津島神社に奉納し、祭典に奉仕する一時上臈や、豊作を祈願し、踊りを奉納するお田植え祭などさまざまなイベントがあります。こういった寺社などが稲沢市の観光スポットになるため、観光スポットについては次の項目で紹介したいと思います。
また、指定文化財も多く存在しており、国・県・市が指定した文化財を合わせると192の指定文化財が存在する、歴史の濃い街であることがわかります。
主な名産は植木や苗木とぎんなんで、種類も豊富で品質の良い植木・苗木は年間1700万本も出荷されています。
ぎんなんも日本一の生産量をこの稲沢市が輩出しています。

自然が豊かで近所付き合いが盛んな街

自然が豊かで、開発が進むもまだまだ田舎の雰囲気が残る稲沢市。そのため近所付き合いが盛んで子供会などの行事も豊富です。子どもがいらっしゃるお宅やこれから子どもを考えている方におすすめの街です。また、名古屋にも近く落ち着いた雰囲気があるため住みやすいという人が多いのも特徴です。開発が進んでいるので買い物などにも困りませんが、遅くまで営業している店舗が少ないため仕事で遅くなった場合には不便かもしれません。しかし、あらかじめ営業しているお店を探しておけば解決するので、住み始めは大変かもしれませんがほぼ問題ありません。車を持っている人なら、静かで人間関係もいい地域ですので、とても暮らしやすい街といえます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事