• 2015/09/01
  • PR

たくさんの自然と祭りの町 東海市の魅力

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Tokaishi01

都市近郊農業地帯として洋ラン栽培で地位確立に成功した東海市。自然も多く、美しい花々を楽しめる場所が多くありますが、東海市の魅力はそれだけではありません。ここでは、そんな東海市の特色や魅力についてご紹介します。

人口約113,230人、知多半島の西北端に位置する東海市は、名古屋市に隣接している都市です。
名古屋市中心地区まで15kmの距離にあり、アクセスも良い東海市は名古屋南部臨海工業地帯の一角も担っており、産業の拠点都市ともいえます。東海市はまちのビジョンとして「生きがいがあり健康なまち東海市」を掲げています。
「健康寿命日本一のまち」を目指し、いきいき元気推進事業では「健康寿命をのばそう!アワード」が開催され、厚生労働省健康局長優良賞を受賞しました。また、「子ども・子育て支援事業計画」にも取り組んでおり、保育園の増築や、放課後児童健全育成事業の対象を小学6年生まで拡大するなど、積極的に推進されています。
重ねて、病児、病後児保育に関する新たな取り組みや、女性活躍支援もなされている東海市は、子育てと仕事に忙しいご家族にも優しいまちづくりがされているのではないでしょうか。
次に交通環境についてですが、鉄道は名古屋鉄道・常滑線と河和線、JR名古屋臨海鉄道・南港線が挙げられます。
東海市では「コンパクトシティ」の推進をしており、交通体系の充実として循環バスの経路見直しや、バスと電車の連携を図るなど、積極的に取り組まれていると言えるでしょう。また平成39年度開業を目指すリニア中央新幹線の着工もされています。
名古屋港や中部国際空港が近く、今までも利便性に富んだ立地でしたが、これからますます充実してゆく交通環境には期待ができるのではないでしょうか。東海市では海が埋め立てられた土地には製鉄所ができ、昔とは景観が変わった場所もありますが、歴史を感じられる場所も多く残されています。
代表的な観光スポットには、国の指定文化財にも指定されている観福寺が挙げられ、また東海市で有名な山車は約300年の歴史と共に親しまれているといえるでしょう。
また大池公園では春から夏にかけて梅や桜、花菖蒲などが目に美しく、洋ラン栽培と共に栄えた東海市の歴史の一片とあゆみを感じられるのではないでしょうか。

市民のためのまちづくり 「東海市」の展望

東海市は「安心、快適、いきいき、ふれあい、活力」を理念に置き、若者からお年寄りまで広い世代の方々が住みやすい町づくりを目指しています。バス等の交通網の整備が盛んに行われており、生活中心部の道路や駅周辺などの整備も進められ、安心して外出できる環境が整いつつあるといえるでしょう。また、若者向けの施策として、大学卒業後の就職先支援や子育て支援も行われ、就職から結婚、子育てまでを安心して行うことができます。若者が増え、地域を活性化しつつも、お年寄りが安心して生活ができるより住みよい町になっていくでしょう。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事