• 2015/09/01
  • PR

愛・地球博の会場となった長久手市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Nagakuteshi01

長久手市は、愛知県東部に位置する都市で、名古屋市のベッドタウンとしての開発が進み、県内のみならず、全国でもトップレベルの「住みやすさ」です。そこでこの記事では、長久手市の魅力溢れる代表的な特徴をご紹介していきたいと思います。

長久手市は、愛知県北西部にある人口約5万人の市で、名古屋市の東に隣接しています。
小牧・長久手の戦いがあったことでも知られており、現在では名古屋市のベッドタウンとして発展がめざましく、東洋経済における「住みよさランキング2015」では、県内で1位、全国2位にまでランクインしました。
長久手市といえば、北東に接する瀬戸市と共に、2005年の日本国際博覧会「愛・地球博」(愛知万博)のメイン開催地として有名で、この時期にリニモと呼ばれる日本では初めての実用的な磁気浮上式鉄道(通称リニアモーターカーの一種、HSST)が、名古屋市と豊田市を結ぶように通っています。
市西部には名古屋市営地下鉄東山線の藤が丘駅まで徒歩で行ける地域もあり、地下鉄車庫(藤が丘工場)の一部は市域内にあります。
21世紀最初の国際博覧会である「愛・地球博」が行なわれた長久手会場は、現在は「万博記念公園」(モリコロパーク)として残り、人々が自然と触れ合える広い公園としての機能を担っています。
長久手市が、市として認定されたのは2012年で、万博開催の時期にはまだ長久手町という地名でした。
この都市化に伴って開発も進み、10年で1万人も人口が増えました。
そのため小中学校や高等学校などの教育機関は必要十分な数をそろえており、ほとんどの生徒が自転車通学をしています。
愛知医科大学や愛知県立大学、愛知県立納涼大学長久手キャンパス、愛知県立芸術大学など、県内でも専門的な大学のキャンパスも所在しており、在学生も多く居住するエリアです。
新しい開発が進むエリアともあって、きれいで落ち着いた雰囲気が広がり住み心地が良いと評判が高い街になります。スーパーや大型ショッピングセンターも所在しており、暮らしに便利なものはひととおり揃っているといえます。

歴史的な史跡も多く残る人気の都市

このように、住み心地の良さや暮らしやすさ、治安の高さなどが好評な長久手市。古墳や遺跡などの歴史的名所も数多く残っています。「古戦場公園」などの小牧・長久手の戦いにちなんだ施設・塚などが残る長久手古戦場は国の史跡として大切に扱われていますし、県指定の無形民俗文化財としては長久手の棒の手、岩作の「オマント」、長久手の警固祭りがあります。そして、徳川家康が戦勝を祈願し、葵紋太刀三振りを寄進したとされる景行天皇社も市内に所在しています。郊外型の生活を実現させるにはぴったりの、魅力に溢れる都市ではないでしょうか。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事