• 2015/09/01
  • PR

緑と水に恵まれた町「東郷町」

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Aichiguntogocho01

愛知県の西に位置する東郷町は自然と共生しながら、子育て世代から高齢者まで幅広い世代の住みやすさを追求する街です。緑溢れる環境や市の取り組み、さらなる利便性のために進化し続ける交通インフラなど、東郷町のさまざまな取組や魅力が本記事のメインテーマです。

愛知郡東郷町は愛知県西部、名古屋市の傍に位置する町で、2015年時点での人口は40,000人を超えています。1906年に誕生した東郷町は緑地や河川も多く、町内を流れる河川は境川、扇川など計5つです。
鉄道路線および駅は町内にありませんが、隣接する市には名鉄豊田線「日進」駅・「米野木」駅・「黒笹」駅や地下鉄鶴舞線「赤池」駅があります。また同様に隣接する市には東名三好ICがあり、東名高速道路へ乗り入れ可能。国道153号は町内を横断するように通っており、コミュニティバスや名鉄バス、東海バスが利用できる全バス路線です。国道153号や瀬戸大府東海線は整備済みで、これら幹線道路の補完計画が進められています。補完計画の一例としては、「第5次東郷町総合計画」が挙げられ、計画内ではコミュニティバスの発展や役場などに設置されたバス停の環境改善についても進行中です。
「愛知池」とも呼ばれる東郷町整池は街の北東部にあり、木曽川が増水した時の貯水池や水力発電としての役割も兼ね備えています。池の周囲は約7kmの距離があり、ウォーキングに利用されるほか、ボート大会の開催地としても利用され、地域住民の大会だけにとどまらず、全国大会の会場になることもあるほどです。
北西部には18ホールを有する「名古屋ゴルフ倶楽部和合コース」があります。ゴルフコースに加えてレストラン施設もあり、提供されているメニューとしてはサンドウィッチのような軽食から、御膳や懐石といった内容です。名古屋ゴルフ倶楽部和合コースでは男子のプロゴルフトーナメントが開催されるなど、全国から多くの人が集まる大会が開催されることもあります。
「子育てするなら東郷町」をスローガンにさまざまな取組があり、その一例として挙げられるのは18歳になるまで子どもの入院、通院などにかかる医療費が無料になる助成制度です。他にも、すべての小学校に児童館が隣接、不妊治療を支援する「不妊治療自費助成制度」を愛知県で初めて導入するなど、福祉支援における実績も残しています。
東郷町では「人とまち みんな元気な 環境都市」を目標に掲げ、都市計画マスタープランによれば、災害や環境維持の観点から田園や緑地の維持を行うための活動も活発です。

ベッドタウンから魅力ある街へ

東郷町はベッドタウンとしての役割から、魅力と機能性に富んだ街への変化を遂げている最中といえます。国勢調査によれば、2007年時点では子育て世代である30代が東郷町人口の中で最も多い割合を占めている状況です。2015年現在も子育て世代や高齢者、障がいを持つ人々にとって魅力ある街を目指し、安心して暮らせるまちづくりが進められています。ユニバーサルデザインを取り入れたまちづくりや、車がなくても不便を感じない交通インフラ設備等に取り組む東郷町は、これから先も「新しい都市の形を目指し続ける街」だと言えるのではないでしょうか。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事