• 2015/09/01
  • PR

日本有数のサーキット場を持つ鈴鹿市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Suzukashi01

三重県北部に位置している鈴鹿市は、伊勢湾と鈴鹿山脈に囲まれた自然豊かな都市です。歴史的な伝統と文化も色濃く残る一方で、世界的に有名となった鈴鹿サーキット場をはじめ観光都市としても機能しています。ここでは鈴鹿市の魅力と特徴をご紹介したいと思います。

鈴鹿市は三重県の北部に位置する都市で、人口は約20万人ほどです。
東に伊勢湾を臨み、西には鈴鹿山脈と恵まれた自然の中にあり、歴史や伝統文化も育まれてきました。
1942年の設立当初は人口およそ5.2万人で、自動車産業などの多くの企業を誘致、以後伊勢湾岸地域でも有数の内陸工業都市として発展を見せてきました。
また、農業では広大で豊かな大地を活かして茶や花木、また水稲などの生産が行われるなど、農業と工業の合わさった緑の工都としていまに至っています。さらに近年は、国際交流や文化向上にも力を入れています。
面積はおよそ194km²で、文化、経済、産業、市民生活などと調和がとれた発展を続けており、さらに国際的な観光都市としても知られるようになりました。その昔、日本書紀に市内にある地名の由来伝説が登場した、奈良時代においては東海道、また伊勢国の国府が置かれた、などといった長い歴史もあります。
戦中には鈴鹿海軍工廠がおかれ、工業都市として生まれ変わりました。
旭化成やカネボウなどの繊維産業が盛んに行われ、本田技研工業の鈴鹿製作所もあり、自動車部品工場もいまだ多く見られます。
ちなみに鈴鹿製作所の建設時に市側が、市名を本田市へ変更する意向がありましたが、本田技研工業側が丁重にお断りしたという逸話が残っています。鈴鹿市ではF1の日本グランプリや、オートバイ8時間耐久レースなどといった、国際・国内レースが多数開催されており、いまや世界的に有名な日本有数のレーシングコース・鈴鹿サーキットがあるため、近年では日本のモータースポーツの聖地とも呼ばれるようになりました。
隣接する市としては、北は、三重県下で人口が最も多く、北勢地方の中心都市でもある四日市市、南は三重県の県庁所在地・津市に接し、鈴鹿市は四日市と津の中間に位置しています。
そして、東は伊勢湾に臨み、西は鈴鹿山脈までに広がっています。

鈴鹿市の公共施設について

このように、観光色に自然産業、歴史伝統といった特色溢れる鈴鹿市は、生活するのにも不便さなく整えられています。市内の公共図書館である鈴鹿市立図書館は、読書や学習の場の提供とともに、市民の教育文化の振興を目的としています。一般図書や児童図書、さらに参考図書の蔵書があります。図書館の1階には一般閲覧室や児童閲覧室のほか、点字図書や拡大器を備えた特別閲覧室も開設されています。また2階には、読書や自習のできる学習室と、ボランティアルーム、視聴覚室があります。充実した設備の図書館も、市民は無料で利用できるとあって大変メリットではないでしょうか。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事