• 2015/09/01
  • PR

平安京であった「京都市上京区」の魅力と暮らし!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kyotoshikamigyoku01

京都の中心「京都市上京区」では、国宝や歴史的建造物とともに、現代を生きる人々の暮らしが程よく調和し、今日の美しい京都の街に、旧平安京の面影を感じることができます。区内の物件情報を含め、上京区の魅力をお伝えしてまいりましょう。

京都市上京区は、京都市の中心部にあり、面積は7.11k㎡と、大変コンパクトな地域です。
2015年7月1日時点における上京区役所の公表値によれば、京都市上京区の人口は83,130人、世帯数は44,805世帯となっています。

京都市上京区を代表するものと言えば、「京都御所」があげられます。上京区の北部は、「西陣機業地」として栄え、美しい「西陣織」は基盤産業のひとつとして、地域活性化施策の柱となっています。また、京都五花街の中でも最古といわれる「上七軒(かみひちけん)」も有名な街並みのひとつです。

交通網は、京都市営地下鉄・烏丸線と市バスが主なものとなっています。大通りから一本入れば細い道も多いため、徒歩や自転車で行き交う人々も多くみられます。

物件情報としては、賃貸マンションのほか、中古住宅や中古テラスハウスなどの一戸建て物件も人気で、情報も比較的豊富にあります。
京都市上京区の賃貸マンションの家賃相場としては、1R~1LDKであれば、月々平均5.4万円となっており、物件数は1000件以上と最も多くなっています。2K~2LDKの間取りであれば、平均家賃は9.2万円、物件数は200件程度となっています。
3K~3LDKの平均家賃は12.8万円で、物件数は100件程度、4K以上の大きな間取りの物件については、提供件数が25件程度で、平均家賃は11.8万円となっています。
中古住宅や中古テラスハウスの場合は、購入価格の相場として、50㎡で1000万円超が目安となっています。

京都市上京区は17の学区に分かれており、各学区にて福祉活動や自主防災、生涯学習などの独自の取り組みを推進しています。ボランティア活動や行政サポートを受けた各種活動も活発に進められています。

教育・文化面での特徴として、同志社大学、京都府立医科大学などの有名大学、京都市歴史資料館、埋蔵文化財研究所、考古資料館など、学術に供する施設が充実している点も挙げられます。

上京区においても、住民の高齢化が進みつつあるため、自治体による保健や医療面での取り組みも積極的に進められています。例えば、「上京東部医師会」と「西陣医師会」が中心となり、定期的な健康診断が続けられており、平成9年の「地域医療連絡協議会」発足後には、地域に密着した保健や予防医療を含む地域医療の取り組みが開始されています。

観光客向けホテルも充実!

上京区内の観光だけでも、1日では足りないという方には、素泊まりも可能なビジネスホテルを含め、各種ホテルが充実しています。京都御所の近くには、築100年の町家を改装して宿泊サービスを提供している「京町家 西倶」や、ハイクラスな「京都ブライトンホテル」など、趣向を凝らした宿泊先が充実しています。旬の素材を使った京会席や、夏の風物詩「川床」の利用ができるホテルもありますので、ご希望に応じて選べます。ホテルの中には、主要な駅から無料送迎サービスを行っているところもありますので、上手に活用しながら、京都観光を満喫してみませんか?

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事