• 2015/09/01
  • PR

美しい日本の古都「京都市東山区」の住環境とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kyotoshihigashiyamaku01

「京都市東山区」は、神社仏閣などの歴史的建造物が多数現存し、東山連峰と鴨川に囲まれた美しい街です。京都市東山区の人気観光スポットや住環境に適したエリアなど、将来京都の中心に住んでみたいとお考えの方に向けて、概要をご紹介していきましょう。

「京都市東山区」の人口は、2015年6月1日時点で、39,154人(東山区公表値)、21,053世帯と、京都市内の11区の中で最も人口の少ない区となっています。人口最少の理由としては、東山区の歴史的景観や建造物を守るため、再開発の規制が厳しく、住宅建設用地となるエリアが限定的であることが最大の要因だと言われています。

住環境としては、古都の京都を十分に味わうことができる、中古のテラスハウスや古民家なども人気があり、500万円程度から売りに出ている物件もありますので、タイミングによっては、購入することも可能です。
賃貸物件に関しては、一人暮らし用のワンルームマンションから、家族向けの2LDK以上の間取りまで、幅広く揃っています。
賃貸マンションの家賃相場に関しては、ワンルーム・1K・1LDKの間取りであれば、4万円~12万円程度、2LDKの間取りであれば、10万円~20万円程度となっています。さらに広めの間取りの物件については、提供件数は極端に少なくなりますが、3LDKや4LDKの物件もあり、家賃相場は月々20万円~35万円程度となっています。

京都市東山区の区役所は、観光で有名な祇園エリアに隣接しており、周囲には観光名所が集中しています。観光名所のすぐ近くに住まいを構えたいという方には、近隣の祇園エリアに、単身者向けの賃貸マンションも数件ありますので、希望に応じた物件に出会えるかもしれません。
賃貸マンションなどの居住物件は、東山区内の駅周辺を中心に築浅物件が集中しています。主な駅としては、「三条駅」「祇園四条駅」「清水五条駅」「東山駅」「東福寺駅」「七条駅」「伏見稲荷駅」など、広範囲にわたっていますので、希望のエリアを中心に選ぶことも可能です。

京都市東山区における教育環境としては、幼稚園が5件、小学校が9校、中学校が7校、高等学校が5校と充実しています。また、医療や保育関連の施設に関しては、保育所が10件、一般病院が5件、歯科診療所が28件、一般診療所が58件と各エリアに多数点在しています。

東山区の主な交通網は、京都駅発着のバスと、鉄道・京阪本線および地下鉄東西線となっています。
京都市内を走行するバスは、主要な観光スポットにも停車するため、時刻表を見ながら各路線間を乗り換えし、車窓からの眺めをゆっくりと楽しむこともできます。

東山区は伝統芸術の宝庫!

京都市東山区では、大切な方へのお土産として、または自分へのご褒美として、京都の伝統芸術を生かした様々な調度品やお気に入りの一品を購入することも可能です。「京焼」「清水焼」の各種陶磁器類、気品と美しさを兼ね備えた「京扇子」、全国的にも人気の「帆布製カバン」など、一級品に出会うことができるでしょう。京焼・清水焼の専門店としては、清水寺のふもとの五条坂にある「楽只苑(らくしえん)」や清水寺御門前の老舗「朝日堂本店」などが有名です。普段のお料理に使える器やお湯呑みなど、品揃えも豊富で、ギャラリーを併設している店舗もありますので、かなりの見応えがあるはずです。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事