• 2015/09/01
  • PR

住みよい住環境と歴史的名所が共存する京都市伏見区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kyotoshifushimiku01

古くから門前町や城下町として栄えてきた伏見区は、京都市では最大の面積と人口を誇るエリアです。住宅地が多く広がるエリアとして知られており、暮らしに便利な施設が充実しています。また歴史的名所や寺院など名所が多数あり、観光客も多く人気のスポットが多数あります。そんな伏見区の魅力をご紹介します。

京都市伏見区は京都市南部に位置するエリアです。区内の南側が宇治川流域にあたる伏見区は川沿いに京阪宇治線など交通網が開通しており、京阪本線や近鉄京都線など交通網が発達しているのが特徴です。また鴨川や桂川など豊かな水源に恵まれた伏見区は西部や南部エリアに水田が広がっており、農業も盛んな地域です。東部エリアには醍醐山など山々が広がっており、緑豊かな自然環境が広がっています。
市の中心エリアである下京区の京都駅へは伏見駅から駅4つとアクセスしやすく、京都市都心部や大阪のベッドタウンとして発展してきました。また区内全域には住宅地が広がっており、駅の周辺には新築マンションや分譲マンションなどが立ち並んでいるのが特徴です。伏見桃山城の城下町として栄えきた伏見区の歴史は古く、丹波橋駅や桃山御陵前駅の付近には邸宅など立ち並ぶ高級住宅地が広がっています。
また北部に位置する稲荷神社の総本社である伏見稲荷大社は、国内外を問わず観光客が訪れる名所として人気があり、伏見区は観光地として親しまれています。世界遺産にも登録されている醍醐寺など歴史的名所も多い伏見区は、観光都市としての性格を兼ね備えるエリアです。
他にも日本酒の名産地として知られる伏見区は酒造が多くあるのが特徴で、伝統的な日本酒造りを現在も引き継いでいます。月桂冠大倉記念館などもあり、観光名所として親しまれています。
京都の全11区の中では最大の土地面積と人口を誇る伏見区は、イオン伏見店などの大型店やスーパーマーケット、ドラッグストアが多く点在しています。特に油小路通沿線には商業施設が多く、買い物には困りません。伏見区には100件を超える歯医者があり、医療施設が充実しているエリアとしても知られています。特に伏見桃山駅の徒歩件内には歯医者が密集しており、通勤などのついでに気軽に受診しやすく便利です。
都市としての利便性の高さと観光都市としての側面を持つ伏見区は、恵まれた住環境が魅力のエリアです。

文化と歴史を継承する伏見区

伏見区は歴史的建造物や寺院が多く残るエリアです。「洛南の三大奇祭」の愛称で親しまれる長建寺の弁天祭など歴史的行事が行われきた伏見区は、時代の趨勢により行事の縮小が懸念されています。そこで区を挙げて行事の復活や復興を目指す試みが行われており、地元に伝わる歴史や文化を大切にするまちづくりが行われています。また「世界一安心安全・おもてなしのまち京都 市民ぐるみ推進運動」など区をあげて住環境の整備や観光に対する取り組みも行われています。防犯や区域の美化などまちづくり事業も活発で、人々が暮らしやすく訪れる人々にも過ごしやすい環境づくりを進めているエリアです。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事