• 2015/09/01
  • PR

世界遺産と自然に代表される宇治市の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Ujishi01

京都市の隣に位置する「宇治市」は、源氏物語にも象徴される貴族文化と四季折々の美しい自然の風情を堪能できる街です。宇治市のシンボルとも称される「宇治平等院」をはじめ、多数の名所旧跡にも恵まれています。市内を走る鉄道沿線を中心に、住宅地も整備されており、物件数も豊富なエリアです。

宇治市は、京都府内の南部に位置しており、京都市および大津市と隣接するエリアです。
宇治市一帯は、京都盆地に属しており、世界遺産として知られる「宇治平等院」に代表される名所・史跡や、宇治茶などの特産品で有名な街です。
市内には宇治川が流れ、四季によって変わりゆく自然豊かな景色が堪能できます。宇治市内には、都市公園の整備も進められており、「西宇治公園」、「宇治市植物公園」、「山城総合運動公園」など、市内26カ所に点在しています。植物公園は、5月~6月にかけて、ホタル観賞区域に指定されている水路にて、ゲンジボタルを鑑賞できることでも有名です。
宇治市の面積は、67.54km²にわたります。宇治市の公式ホームページの統計データによれば、宇治市の人口は、2015年4月1日時点において、合計190,172人となっています。そのうち、男性が92,347人、女性が97,825人を占めています。
宇治市の公共交通網は、鉄道と路線バスを中心として発達しています。宇治市内には、「JR奈良線」・「近鉄京都線」に加え、「京阪電気鉄道・宇治線」や「京都市営地下鉄・東西線」と4本の路線が乗り入れており、周辺地域との行き来も便利となっています。路線バスに関しては、「京都京阪バス」が主流となっています。
宇治市内には、約2,500件の賃貸物件があり、マンション・アパート・貸家といった物件の種類や間取りも豊富にそろっています。
単身者向けのワンルームから1LDKの間取りの物件数は、約1,100件にのぼり、家賃の価格帯は約3万円~8万円台となっています。ファミリー向けの2K~2LDKの間取りについては700件ほどあり、月々の家賃は3万円台~14万円台、3K~3LDKの間取りについては500件ほどあり、家賃は4万円台~14万円台となっています。4K以上の広めの間取りの物件数も100件以上あり、家賃は5万円台~15万円台の価格帯で提供されています。
※2015年8月1日時点の情報です。

宇治市内の主なイベント!

宇治市には、年間を通じてさまざまな祭りやイベントがあり、大勢の観光客が訪れます。4月には、「宇治川桜まつり」が開催され、宇治茶を堪能できる茶席も設けられ、風情あるひとときを楽しむ人で賑わいます。季節ごとに美しい花が楽しめる「三室戸寺」では、6月の梅雨を迎えるころには、約1万株のあじさいが咲き誇る「あじさい園」が開園され、夜にはライトアップも行われます。夏になると、「宇治川の鵜飼」が始まり、8月には、盛大な宇治川花火大会が開催されます。「源氏ろまん」をテーマとした独創的な花火の競演も名物となっています。秋には、「興聖寺」などの寺院や神社を中心として、宇治市内全域で美しい紅葉が楽しめます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事