• 2015/09/01
  • PR

新たな住宅街が開発されつつある「向日市」の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Mukoshi01

向日市は、「竹林」と市の花「ひまわり」に代表される京都市の隣の地域です。長岡京ゆかりの史跡と豊かな自然を生かして独自の文化を形成しています。新たな住まいを求めている皆様に向けて、向日市のさまざまな魅力をご紹介してまいりましょう。

向日市は、京都府の西南部である山城地方に位置しており、京都市西京区・南区や長岡京市に隣接しています。
向日市の面積は、7.67km²を占めており、市の公式ホームページによれば人口は、合計53,721人、そのうち男性は25,585人、女性は28,136人となっています。また、向日市内の総世帯数は21,880世帯にのぼります。
向日市の交通機関としては、鉄道「JR東海道本線」や「阪急京都線」が運行しており、路線バスとして、「阪急バス」、「ヤサカバス」に加え、「京阪京都交通」のバスも利用可能となっています。
向日市の中央付近にある阪急京都線「東向日」駅を中心として、市街地が発達しており、商店街も形成されています。
向日市の西部には、竹林が多く、収穫されるタケノコは、「乙訓(おとくに)のタケノコ」として、全国的にも広く知られています。
向日市内では、コミュニティセンターや公民館などの市民の集いの場が11カ所ほど、都市公園が10カ所ほど整備されており、向日市立図書館や向日市民体育館といった公共施設も充実しています。
また、向日市内には、保育園が8カ所、幼稚園が3カ所、小学校が6カ所、中学校が3カ所あり、教育関連施設についても、充実しています。
総合病院や一般病院などの医療機関は、市内に50件ほど点在しており、小児科が設けられている病院も7カ所ほどあります。
医療費や保育料に関する各種手当についても、一定の条件のもと支給されており、子育てに関する制度も整っています。
向日市内の賃貸物件は、約1,200件あり、ワンルームから1LDKの単身者用の間取りや、2K~2LDKの間取りが多くなっています。月々の家賃の価格帯は、ワンルーム~1LDKの場合は、約2.2万円~8.6万円、2K~2LDKの場合は、約3万円~17万円、3K~3LDKの場合は、約4.4万円~15.8万円、4K~4LDKの場合は、約4.7万円~13.5万円となっています。
※2015年8月1日時点の情報です。

ファミリーで楽しめる向日市のイベント!

向日市では、特産物である竹にちなんだイベントとして、「親子竹馬教室」と「たけうま全国大会」が、市内の小学校で同時に開催されています。「たけうま全国大会」では、竹馬名人と呼ばれる人々が全国から集まり、竹馬を使って障害物競争や30m走などの種目に挑戦します。大人の部と子どもの部に分かれており、初心者からでも参加可能です。夏休み期間中の恒例となっているイベント「ひまわり写生コンテスト」は、幼児から中学生までのお子さんを対象として開催されます。市内の「物集女町羽子田」には、地元農家の皆さんの協力で、約3,000本のひまわり畑が設けられ、写生や写真撮影を楽しむ人々で賑わっています。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事