• 2015/09/01
  • PR

古さと新しさを兼ね備えた街「阿倍野区」の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Osakashiabenoku01

大阪府の阿倍野区は日本で最も高い建造物「あべのハルカス」があることで有名です。あべのハルカス以外にも商業施設は様々あり、区民が集まる公園やスポーツ施設もあります。阿倍野区の概要や住みやすさが今回のメインテーマです。

阿倍野区は大阪府の西部に位置する人口約10万人の都市です。区内を通過するのは阪和線と近鉄南大阪線、大阪市営地下鉄御堂筋線と谷町線、そして上町線の5線。利用可能な駅は「鶴が丘」駅・「南田辺」駅・「昭和町」駅・「松虫」駅などが挙げられ、中でも「大阪阿倍野橋」駅と「天王寺」駅の2つが主要駅です。鉄道以外にも大阪市営バス及び近鉄バスの2線が利用できます。
阪神高速14号松原線が区内を横断しており、隣接する区には天王寺インターチェンジがあるため、高速道路の利用もスムーズと言えるでしょう。
「あべのハルカス」は、阿倍野区のシンボル的存在で、2015年時点においては日本一の高さを誇るビルです。建造物としても国内3番目の高さで、百貨店やオフィス、美術館などを有し、あべのハルカス付近にはショッピングモールや防災センターもあります。阿倍野区外ですが、あべのハルカス近くには市立美術館やひのき風呂・露天風呂などが利用できる温泉センターがあり、観光地として利用されたり人が多く集まる場所です。
市民が集まる場所としては他にも「阿倍野スポーツセンター」があります。スポーツセンターの最寄り駅は地下鉄谷町線「阿倍野」駅。観覧席のある体育館や武道に使える道場、多目的ルームがあります。
定期的にスポーツ教室が行われ、高齢者や親子連れでも参加できるよう配慮されたプログラムもあり、幅広い利用者の姿を見られるほどです。
区政も様々な活動を展開しており、海外国との英語交流や区民と区政によって行われる防災プログラムもあります。「あべ若丸」と名付けられた区民のボランティア団体は、区との連携をとりながら、イベント企画や祭りの実施などを行っており活動は盛んです。
小学校や中学校では特色ある取り組みを展開しており、タブレットを導入した学習やプロジェクターを使用しての授業、畑での野菜育成など多様な活動をしています。
市としては「ふれあいとぬくもりあるまちづくり」をテーマに、高齢化が進んでも住みよい街づくりを進めるため、商業施設と住宅地の両立を目指しています。

新古が融和する街「阿倍野」

阿倍野区には阪堺電車が運営する路面電車も走っています。大阪では唯一の路面電車で、上町線・阪堺線を合わせると駅数は42駅です。古さを感じさせる文化がある一方、あべのハルカスやあべのキューズタウンに代表されるように大型商業施設も多くあります。四季の移ろいを感じられる桜や桃などの木々が植えられた公園や遊具で遊べる公園もあり、都市部でありながら緑もあるのです。幼稚園の民営化や子育て世代に役立つ施設を紹介した「あべの子育てMAP」を配布していたり、区政の活動も区民を支えていると言えるでしょう。新古が融和した阿倍野区は独特の雰囲気を持ちながらも住みよい街と言えます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事